オリジナル。

2022年02月26日 14:40

また過去の素材の寄せ集めで一本ヒネろうと思いGibson系ショートスケールベースなど。

以前は、ダブルカッタウェイのレスポール・ジュニアをベースに改造しましたけど
やっぱりシングルカッタウェイのいわゆるレスポール・ベースみたいにしたいなぁ、などと考えつつ
本当は、アーチトップのズバリなレスポール・ベースにしたかったんですが
そうなるとブリッジの位置の関係でアーチ形状もかなり修正しなくては成立しそうになかったので
お手軽にフラットなボディのシングルカッタウェイ・レスポール・ジュニアを基本に遊んでみました。

jrbsc_wip01.jpg
フラットなボディにピックアップを乗せただけだとあっさりしすぎるので
派手なピックガードを新規で製作、コントロール類もB.C.Richのおつまみ盛合せ的なゴテゴテ系で。
ピックアップはシンプルな形状ですが、一応サンダーバードのサイズで作っておきました。
一番苦労したのがベース用のチューン・オー・マチックとテイルピース。
テイルピースはギターの時も苦労したけどベースの弦は2本少ないからと言って苦労は変わらんもんですな。

そんなこんなで色々遊んでみました。

jrbsc_wip02.jpg jrbsc_wip03.jpg
jrbsc_wip04.jpg jrbsc_wip05.jpg
シンプルだけど、派手で目を引くような感じになったんではないでしょうか。
Gibson系ってピックガードであんまり遊べない印象だったんだけど
派手なピックガードとボディカラーの組み合わせで遊んでみるのもなかなか楽しい。

グレコっぽいけどな(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/938-f13ffa7d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事