ゼット再び。

2020年04月29日 16:09

ギターをメインで作るようになってから2本目というかなり初期のZemaitis S22MTを使ってみました。
なんてこった2009年の作ですよ、もう10年以上も前のことですよ。
当時は家に帰るとひたすら葉っぱを描く日々を過ごしていました。
作業的には退屈で辛い内容だったんですが、なぜかすごく楽しかったのをよく憶えています。

ギターの装飾の出来としては、今見てもなかなかの力作だと自画自賛出来るんですが
肝心のモデリングが初期のまだ自分の方法論を確立していない時期のものなので
思い入れ深くお気に入りのギターなのに積極的に使えないというもどかしさもあり。

もの作りにおいて自らを律するという意味での反省はとても大事だと思います。
でも反省ばっかりで卑屈になってもよろしくないので多少は己を甘やかす感じで。

pinup56.jpg
異常事態の中でのGW突入ということで世間的には大変な感じですよね。
枡久田的には例年GW中にモデリングとかPOSERいじってたことの方が多い気がします。
今年のGWは家で出来る仕事は積極的に家でやる体制になったので
仕事半分、ゴロゴロ半分という感じでやること無くなったらDAZ Studio起動みたいな感じかな。

いつも通りじゃん(笑)


コメント

  1. Marider | URL | hCClXLGg

    Re:ゼット再び。

    アタシなんてホント反省の連続ですよ師匠😅
    アタシがモデルの配布を考えないのは、絶対後で弄り直したくなる箇所が出てくるに違いないのがわかってるから・・・😅
    明らかにおかしいモデルを他人様が使ってらっしゃるのを見るのはいたたまれないのよね😢
    師匠のモデルは反省箇所が全く見当たらないです🧡(きっと腕の差だよね)

  2. 枡久田マスク | URL | -

    いいと思いますよ。

    Mariderさん、こんにちは。
    反省出来るってことはまだまだ伸びしろがあるとプラスに考えた方がいいですね。
    僕の経験上、反省しない人ってほぼ間違いなく伸びませんから(笑)

    僕がPOSERを始めた頃って銃とギターはほぼ未開の荒野だったんですよ。
    なので後先考えずにどんどん作っては配布してたんですよね。
    まぁいまだに楽器関連は未開の荒野ですけど(笑)
    配布を完成として区切りをつけて新たな課題を見つけるっていうのを繰り返しやっていくうちに
    モデリングもそこそこ上手くなったしPOSERの技術的なことも吸収出来たように思います。

    やっぱりもの作りで重要なのはセンスよりも完成させて次に行くっていう数をこなすことじゃないかな。

    泥臭くがんばってください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/924-230b801e
この記事へのトラックバック


最近の記事