箱を持つ。

2020年02月22日 00:41

前回ジャズベのマテリアル調整をしたのでジャズベかなーと思ったんですが、
なかなか使いどころの無かったハードケースで絵を作りました。
ツイードのマテリアルがPOSERのFireflyではうまくレンダ出来ないので一気に熱が冷めてしまった不憫な箱。
DAZではどんな感じだろう?という興味から引っぱり出してきました。

pinup48.jpg
そら、普通にレンダできるわな。
キレイにレンダ出来るからと言って使いどころが広がるわけでもなく、箱だもん(笑)

今までの黒で統一したロック的な衣装で渋いツイードのハードケースはちょっと似合わないので
ロックねーちゃんの日常っぽいカジュアルな感じにしてみました。
キャスケットとオーバーオールはV4用のもの、買ってから使う機会が無かったので世代を飛び越え登場。

DAZのオートフィットはなかなか良いものだけど、
使うFBMによっては胸の谷間と下乳近辺がぐちゃぐちゃになるので困る。
ぐちゃぐちゃになった状態でOBJ出力してPOSERのモーフパテで修正し補正モーフとした。

帽子を使いたかったので髪もPOSERのモーフパテでG3Fの頭にタイトフィットとスムーズの繰り返しでぺたんこに。
ずっと同じ髪を使ってるんだけどぺたんこにしたら毛量がえらい減ってしまった(笑)
どうもモーフパテのスムーズだと短冊状のものはどんどん細くなっていくようだ。
とりあえずスッカスカの髪を増毛するため、同じ髪をもう一つ読み込んで位置をずらしてまぁなんとかそれらしくなった。
最近POSERはモーフパテしか使ってないなぁ。

メガネは何度か使ったことのあるフリーものを使用。
胸元に自作缶バッジを付けてFマークのテクスチャ作ったり、こういう細かいことが楽しい。
ちなみに、Fender TweedってロゴはFender Twin-Ampのロゴを改変した二次創作ロゴ。
無駄に時間掛かってる。

どぎつい派手さは無いんだけど情報量の多さで派手に見せてシンプルなハードケースを引き立てたつもり。
どうしても人物メインの絵に見えるけどな(笑)

一年以上も平気でブログ放置したりする枡久田ですが、
こういう絵を作ってるとPOSER(DAZ Studio)って楽しいなぁと改めて思いますね。


箱ついでに大きめのやつもお色直し。

DSIRm100_wip01_01.jpg DSIRm100_wip01_02.jpg
2004年製作というモデリング的には恥ずかしくなるほどの出来なんですが
しっかりマテリアル設定してやると、古い遺物でもまだまだ戦えそうな気がする(笑)
アンプ関係を絵にするとケーブル方面がとても面倒なので無かったことにしておきたいんだけど
いい感じでレンダ出来るとちょっとやる気がみなぎってくる。

いやほんとほんと。


コメント

  1. Marider | URL | hCClXLGg

    Re:箱を持つ。

    流石は師匠・・・センスの良さは衰えてませんねぃ😊
    僕も昔のものを引っ張り出してはいろいろ遊んでます。
    Poser側に吐き出してモーフパテというのはやったことなかったなぁ・・・
    箱つながりでここ2日くらいで自力で仕上げたものを上げてますんで、見てやってくださいまし(密かにレビューお待ちしてます😅)
    https://www.instagram.com/sher_kyoko_v4/

  2. 枡久田マスク | URL | -

    つまみ放題。

    おはようございますMariderさん。
    これまた見栄えのする箱ですな、沢山つまめるとワクワクしますね(笑)
    鍵盤とかつまみとかスイッチのジョイント数とか考えただけで恐ろしいですがさすがにフル可動では無いか。

    鍵盤方面は詳しくないのでProphet-5でググったところ使用されている木はアカシアかクルミだそうで
    僕ならそういうところにこだわりたいですねぇ。
    個体差もあるでしょうが木目が整っているせいでフローリング感が出てるような気がします。

    以上、変態木フェチ男からのお節介でした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/909-84912086
この記事へのトラックバック


最近の記事