まだ頑張ってる。

2018年06月25日 20:26

とりあえずやる気のある時にやるだけやってみよう。
ということでもうかなりやらない気が勝ってますが(笑)

前回にちょろっと言ったリテイクをやってみます。


2011年07月の《メロディメーカー・ベース》でギターを作って絵も作る、
という一連の流れに飽きてしまって

2012年02月の《スタインバーガー・XL2》から、好きなモデリングだけ集中してやる、
というややゆるい方向で楽しむ決断をし

2015年12月の《リバース・ファイヤーバード》で再び絵も作らなきゃ、
と危機感を感じ、絵作りも再開したわけですが。

その危機感の通り今見てもなんでこんな風になったんだろうと謎な仕上がりの
《リバース・ファイヤーバード》
まぁいいやとか書いてるけど、よくねぇよ(笑)

工程的には変わったことはほぼしていないんですが、
いつもなら50~60%ぐらいでやめていた各作業を80~90%ぐらいまでやってしまって全て裏目に出た感じ。
これはまさに勘が鈍っているのに気付いていない典型的な悪い例だと思います。


消し去ってしまいたい過去けれど、これは消せない、消してはいけないのだ。
《ブランク》なんて言葉でごまかしてはダメなのだ。
お前が4年半も何もしなかった結果がこれなのだ。

もう一度言う、これは消せない、消してはいけないのだ、断じて。



なので、新しく作るのだ。



これでいいのだ。




まぁそんな葛藤をいくつも抱えつつ日々精進しておるわけですよ。

最初は元のファイルの設定を見直して再レンダリングして再レタッチするつもりでPZ3ファイルを探すも見当たらず。
V4を使っていた頃の絵なのでこの際G2Fで新規に作り直そうということにして
元絵に使った要素を練り込んで再構築してみました。

pinup39.jpg
ここ最近の流れからすると順当な仕上がりですが、元絵と比べないようにしよう(笑)
こういうことをやってしまうと「あれも直したい」とか「これもなんとかしなきゃ」などと
人生二周目に突入してしまうので過去には触れず前進あるのみ、と行きたいところですよね。

ただこれは元絵がずっと気になってたのでリテイクしてしまったわけですが、
元絵と言うより当時の絵作りの姿勢と言いますか
絵も作らなきゃという意気込みはあるものの頑張れてない、焦るばかりで着地点を見失っているそんな絵です。

せっかく作ったギターだからかっこよく絵にしたいというテーマのはずが、
最近絵を作ってないので絵を作ります、というぼんやりとした感じになってしまっているのが残念。
そういう単純な動機で絵を作っても全く問題はありません、でもそれだとモデリングして絵を作る意味が無いんですよね。

モデリングのペースが落ちてきた昨今、しばらくの間手薄だった絵の方に力を入れてますが、
それはそれでまたバランスが悪くなりそうでうまいこといかんもんですな。

毎秒悩んで老けていく。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/892-805bb046
    この記事へのトラックバック


    最近の記事