もうちょっとだ。

2017年11月17日 20:36

ポーザーにてマテリアルの調整など。

gl00_wip06.jpg
ボディーのサンバースト用の白黒マップを調整してサンバーストのフチを細くしました。
初期の《L-00》はサンバーストのイエロー部分が日の丸弁当のように真ん中に気持ち程度残されているだけですが
年代が進むにつれボディに沿うようにフチが細くなりイエロー部分が大きくなっていきます。
個人的な趣味もありますがサンバーストのフチが太いと垢抜けない印象が強いんですよね。

ボディバックとネックのブラウンはちょっと薄いようにも思いますが
これぐらいがマホガニーっぽくて良いかもしれません、完全に僕の趣味です。

タイガーストライプなどと呼ばれる斜めのしましま模様のピックガードは
ポーザーのマテリアルだけではどうにもならず白黒マップを自作して
それにポーザーで色を乗せるようにしましま。
もうちょっとしましま具合を調整しましま。

MATポーズとして黒一色のボディとか白いピックガードとかも作る予定。
真っ黒のボディにタイガーストライプのピックガードとかカッコいいんですよねー。

まぁそんなとこでしょうかね。
やっぱりこうしてみるとGibsonっぽいギターだなぁと感じます。
実際に古いモデルなんですが、いい意味で古臭いので今でも通用するんだろうな。
未来を先取りしようとして調子に乗った時のGibsonって恐ろしくダサいガラクタ感が漂うんですが
いつの時代でも通用する古臭さがGibsonの魅力なんだろう。

なんとか乗り切れた。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/884-b13ce457
    この記事へのトラックバック


    最近の記事