渋いね。

2017年11月12日 14:46

ひと通りテクスチャのネタを揃えたのでメタセコ用に調整してレンダリング。

gl00_wip05_01.jpg
木目テクスチャの存在意義が危ぶまれるほどの仕上がり(笑)
まぁしかし、可能性という点で木目テクスチャは必要なわけで
と言うより、単に木目テクスチャを作るのが好きなわけで。

そんなわけで。

ポーザーのマテリアルでなんとか良い仕上がりを目指します。
サイド・バック・ネックの色はもうちょっと明るめに木目をアピールする方向で。
トップのサンバーストのグラデーションもフチを細くして上品にしたいな。
こういう段階で違和感を見つけておかないとマテリアルルームでうろうろしてしまいますからね。

gl00_wip05_02.jpg
D-28のフォークギター然とした爽やかな佇まいに比べて
ホコリっぽいブルージーなおっさんのギターという雰囲気。
渋いと言うより、むしろ苦い(笑)
これはこれでいいんだけどなぁ。
Gibsonの垢抜けない感じって昔からの伝統なんだろうな。


しわしわの黒人のじじいキャラでも作りたい気分ですが、気分だけにしておきましょう。
でも、女の子がこれを持つ姿が想像出来ないのでどうしようかな。

どうしよう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/883-48081a06
    この記事へのトラックバック


    最近の記事