ダブルオー。

2017年10月13日 22:13

Gibsonのスモールボディシリーズである《L-00》を作ろうと思います。
前回のドレッドノートの反省も踏まえつつアコギ2本目ということで。

gl00_wip01.jpg
見ての通りほぼ一回り小さくウエストのくびれもきついので視覚的にもかなり小さく見えます。
最初はGibsonのスモールボディなら《L-1》でロバート・ジョンソンかなぁとも思ったんですが
ピーナッツシェイプのボディに12フレットジョイントってどう見ても古臭いと言うか
逆に古臭さがいいのが《L-1》なんですが今回は見送り。
男キャラでむさくるしい絵を作る気になったら《L-1》でも作ろうかなという感じ(笑)

一応、Gibson史的には《L-1》の後継機種が《L-00》ということらしいのでまぁいいんじゃないでしょうか。
とは言え《L-00》も1930年代のギターなので古臭さはそんなに変わりません。
あと作る理由としては結構丁寧な図面があったので理解しやすかったというのもあります。


ちなみに、Martinにもボディサイズが《00》というモデルがありますが、
《14フレットジョイントの00》より《12フレットジョイントの00》のサイズ感が近いと思います。
Martinの《12フレットジョイントの00》のおしりを少し大きくすればGibsonの《L-00》みたいな。
どうでもいいことですけどね。

ただ、ポーザーでアコギを人に持たせるにはボディシェイプ云々よりボディの薄さの方が重要だろうな。
《L-00》が劇的に薄いギターでもないので今回の作例も問題解決には程遠いかもしれません(笑)

それから問題というほどではないですが、同系姉妹機種のGibson《L-0》と見分けがつかないのがやや難点。
Gibsonって同名異機種とか、ほぼ同機種異名が多いのでいまだに混乱しています。
集めた参考資料が《L-00》だと信じて作業をします。
《30's L-00/L-1 & L-0》ってことでもいいけどな。

ギブソンめ。


コメント

  1. Marider | URL | .47K32oY

    Re:ダブルオー。

    お!・・・早くも新作に着手されましたね。
    誰が使ってるのかとググったら【Corinne Bailey Rae】というシンガーソングライターが釣れまして1stアルバムを聴きながらコメント書いてます。
    なんとも心地よいお洒落なサウンドで2006年頃にカフェブームに乗っかって日本でもヒットしたらしいのですがノーチェックでした。

    D-28を使わせていただいた【Joni Mitchell】ネタのジャケパロを描いてみました。
    Irayでレンダリングするとこんな感じですよ。
    https://www.daz3d.com/gallery/#images/448536/
    160cmの萌え娘のピーな部分をでっかいD-28と黒猫の【Django】が絶妙に・・・名盤と全然関係ない絵ですがお目汚しに・・・(^^)

  2. 枡久田マスク | URL | -

    こんにちは。

    Mariderさん。
    Corinne Bailey Raeさんってのは勉強不足で知りませんでした。
    お洒落なサウンドが聞き取れない難病を患っておりますので申し訳ない(笑)

    絵からJoni Mitchell要素は名前とタイトルの位置ぐらいしか感じられませんがまぁパロディですもんね、いいですよ。
    あ、Joni Mitchellの着てる黒い毛皮の代わりが黒猫かな(笑)

    それよりも、Hejiraアルバムで絵のタイトルがCoyoteてのが個人的にはツボです。
    昔、Jaco絡みで部分的にこのアルバムをよく聴いてたんですよ、いやー懐かしい。
    ギターをコピーしようとしたけど変則チューニングなので挫折した思い出がよみがえります。

    ジョニ・ミッチェルめ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/879-8e9dca47
この記事へのトラックバック


最近の記事