コンデンサー型。

2017年03月12日 06:40

いよいよラストスパートということでコンデンサータイプの《SM86》も作ってます。

sm86_wip01.jpg
コンデンサーマイクとダイナミックマイクの違いはWikiなどで各自調べてもらうとして
一般的にはコンデンサー型はダイナミック型より高価で繊細というイメージ。
その中でも低価格と言うか入門用とでも言うか
SHUREのコンデンサーマイクの中でもっとも安価なモデルがSM86です。
宅録でヴォーカルをより繊細に録りたいとか、スタジオでマイクを手に持たないとウマく歌えないだとか
そういうややニッチな方向性かもしれません。

まぁマイクの価格に比例して歌がウマくなるわけでもないので安いからと言ってバカにはできませんね。
むしろ高価なマイクを使ったために粗が目立つ場合もあるでしょうし(笑)

本来なら先に作った《SM58》の上位モデルともいえる《BETA 58A》あたりを作った方がいいのかもしれませんが、
SHUREのブログにSM58とBETA 58Aの違いという記事があり、

例えば、ヘビーメタルバンドで、マイクに向かって怒鳴ったり叫んだりすることが多い場合には、
BETA 58A が提供する感度やディテールは望ましくないかもしれません。



と書いてあったので却下(笑)

ワイヤレスでもSM86のヘッドが用意されているのでこれまた流用目的でSM86を作った次第。
検索しても大した情報が集まらなかったので形状がシンプルなSM86にしたという理由もあります。

そんな感じ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/860-3ecb5603
    この記事へのトラックバック


    最近の記事