スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更。

2016年07月16日 07:35

Genesis 2 Female(以下G2F)をポーザー(まだPoserPro2014)で使いやすいように自分なりに改造。
改造と言ってもDS→Poserでびっくりするほど膨れ上がるCR2ファイルを軽量化したぐらい。
DSも久しぶりにインストールしましたが、あくまでもポーザーでG2Fを使うための作業です。

いろいろなものを削っても結局はウェイトマップ関連の記述が省略できないので大した意味は無かった。
結果的にCR2を軽量化してもポーザーでの操作感は大して変わらない。

グループノードを自分なりに使いやすく編集するのが快適操作の早道のような気がしました。
編集が済んだあとはMTをpmdで外部に出してCR2を圧縮保存しておけば物理的・精神的にも軽くなる(笑)
ちなみに、ポーザーでDSONインポートしたCR2は生成時の余計な記述が多いようなので
DSからエクスポートしたCR2を使用、こちらは見慣れた記述のCR2でDSONインポートより5MB程度軽い。
最終的に約16MBでエクスポートされたCR2が約14MBになっただけ、徒労感。
まぁまぁ勉強になったので良しとしますよ。

で。

V4の資産を有効活用するため"Victoria 4 for Genesis 2 Female"を購入。
手持ちのV4用テクスチャ類は今後もそのまま使います。
で、V4シェイプを使って過去にアントニアをいじってた頃に使用したTDMTで自作顔のMTやらを移植。

こういう作業はDSで"Genesis Generation"などの転送ツールを使うのが定番のようですが、
使い方など調べてもTDMTと雰囲気は似ている感じだったのでタダで済ませます(笑)

TDMTを配布していたcageさんのサイトが消滅してるようですが、
ポーザー界の超老舗であるMorphography内にて再び配布されているようです。
Morphography懐かしいなぁ、ポーザー始めた頃はよくお世話になったもんです。
http://www.morphography.uk.vu/dlcage.html
詳しい説明はしませんよ、英語読んで下さい。

自作V4顔は転送後に加工せずともほぼ完全に移植。
ローレゾV4で作ったテライさんは、ソースがローレゾV4だったせいか数箇所頂点が飛び出したので少々加工修正。
2つの顔MTの移植と修正込みで30分程度で終了、そらV4からV4シェイプに移植だから精度は高いわな。
意外とあっさり終わっちゃったなぁ。

こんな感じ。

g2f_wip01_face.jpg
《G2F BASE》ってDAZフィギュア歴代一番ぐらいの美人顔だと思います、しかし。
実際はアゴが頑丈で角ばった男顔なんですよね、個人的には男顔って好きなんだけど
うまいこと表情付けないと女らしくならない印象が強いです、なのでなるべく避けたい。
日本人的な趣向と僕の好みを併せて評価してもやっぱりDAZ伝統のゴリラ遺伝子は強しでしょうか(笑)

過去にV4のMorph++とAiko4の顔MTだけで構成したのが《V4 MDP》
A4で輪郭を整えてMorph++でパーツの位置調整みたいな感じでわりと少ないMTで整います。
アゴを弱く逆さ卵型の輪郭になれば《G2F BASE》の印象は随分薄まりますね。

で、多くは語りませんがTYさん。
V4に移植したそのまんまG2Fに移植されたので相変わらず鼻の高さ以外は微妙な似て無さ具合です。
まぁしかし今のところカリカチュアライズ的にブーストするためのネタMTみたいな位置付けであって
古くは《Victoria2》への《エイリアンMT》だったり《Victoria4》への《Aiko4MT》だったり。

《自作顔》への《テライMT》ということで最終的に7:3の割合+《Head Propagating Scale》を0.04で
いつも通りに落ち着きました。
《エイリアンMT》や《Aiko4MT》は極端過ぎて使いづらいけども、
ある程度整った自作顔にほどよい誇張が出来る《テライMT》はやはり優秀。
大きい目、小さいアゴ、高い鼻とバランス良くブースト出来る感じ。

衣装やら靴の問題は残ってますが、PoserPro2014とG2Fで少々延命成功というところですかね(笑)


ちなみにFBMなどはいくつかのキャラを合成。

g2f_wip01_fbm.jpg
《Gia6》と《Ninive6》というマニアックなチョイス(笑)
それぞれのFBMを0.5+0.5で仕上げに《Emaciated》を0.15追加というこれまたマニアックなFBM。
要するに引き締まった筋肉質を目指したので筋肉を付けて痩せさせるという方向性で正解だった。
もいっちょちなみますと別売りの"G2F Body Morphs"から《Breasts Small》を0.5でやや控えめ仕様としました。
《91.5%》に縮小しますと身長約165cmとなります、楽器を持たせるならこれぐらいかなぁ。

というわけで。

pinup21.jpg
とりあえず、まだ絵にしてなかったスタインバーガーのベースで絵作り。
関節破綻は少ないけどところどころボコボコになるので気になるところはモーフパテでスムーズに。
フォトショップのレタッチで関節を修正したりの手間は少なくなるけど
V4よりも絵作りが楽になったという感じはしない(笑)

とにかく慣れないと。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/835-66f115b6
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。