今更バグなの?

2016年03月05日 03:04

Fenderのハードケースを作るなら見た目はやっぱりツイードがそれらしいですよね。
それならば、
tweedtest.png
特徴的な布地ならこんな小さめのパターンを作ってタイル貼りしてやろうと普通は思いますよ。


いつも通りPoser7を起動。
製作中のハードケースを読み込んでそそくさとマテリアルルームへ。
上記のパターンをU_Scale・V_Scale共に0.01ぐらいで様子見。
0.01ではまだまだパターンが大きく0.005ぐらいにすると適切な感じ。
それならばと、ちょっとパターンの作り直し。
256ピクセルの解像度はそのままでパターンの密度を倍にしたものを0.01のスケールで使用、に決定。

順調やがな。

Fenderのツイードは茶色と黄色の2色で構成されている布地なので
変更したパターンに色分けのための白黒マスク画像とついでに暫定的にバンプマップも追加。
わざわざマスク画像で色分けするのは50年代っぽい白黒ツイードにも出来るようにという配慮。
そしてそれらを調整しつつPoser7にてレンダリング。

fhsc_wip04_p07.jpg
色味はまだまだ調整するとして、雰囲気はほぼ狙い通りの感じになりました。
これぐらいの大きさだとかろうじて斜めのストライプになってることがわかりますね。

ええがな。


しかし、困ったのはここから。

ツイードのマテリアルも大体見えてきたのでゴールドパーツ用のマテリアルでも調整しようと
Poser7とPoserPro2014で差が出ないように行ったり来たりで調整していた時のこと。
なにげなくPoserPro2014で先ほどのツイードマテリアルを適用したところ、
レンダ結果が恐ろしく汚いことが発覚。

あれれ?と思ってもう一度Poser7で同マテリアルを確認、おかしくないことを何度も確認。
Poser7でPZ3に保存して同じ条件でそれをPoserPro2014で開いてレンダリング。
やっぱり汚い、ひどすぎる。

fhsc_wip04_p10.jpg
モアレとかのレベルではないけどモアレの一種のような気もする。
クローズアップでレンダするとマテリアル自体は再現されているので
PoserPro2014だとテクスチャフィルタリングの効きがおかしいのかな。
単純に効いてない雰囲気。

完成前のテストでしか使用しないPoser6でも同じPZ3をレンダリングしてみた。

fhsc_wip04_p06.jpg
Poser7より雑な感じだけどPoserPro2014ほどのひどさは無い、古いから雑なのかな?みたいな。
Poser6からPoser7でテクスチャ単位でフィルタリング出来るようになって更に良くなった感じ。
もう一度PoserPro2014に戻って色々と試した結果、progressive modeでレンダした時が一番マシな結果になった。

fhsc_wip04_p10pm.jpg
マシと言ってもわかりやすいモアレらしいモアレが出てるけどな(笑)
まぁ、Fenderのツイードって細い斜めのストライプに見えるので素材的にモアレが出やすいんだろうけど
それにしてもPoserPro2014の通常のレンダ結果はひどすぎる。
新しいPoserも出たので古くなったPoserPro2014のFireflyが改善されることは今後無いだろうし困ったもんです。
Poser11にSuperflyというレンダラが搭載されたということはFireflyってもう高速化だけしかされてないのかもしれないし
確認のためだけにPoser11を買うのは躊躇してしまう。
何の根拠も無いですがSR3ぐらい出て以降に安売りセールを待って買っても遅くは無いぐらいの期待感。
新バージョンが出る前の70%OFFぐらいで買う予定なんだけどな(笑)
PoserPro2014もSR5まで行ったけどこういうよくわからない困った問題があるんだな。

で。

パーツとレンダリング設定のシェーディングレートを調整してみて最終的に0.01でレンダしたら
progressive modeでレンダしたものとほぼ同様の結果になった。
しかし、パーツに0.01なんて値が設定されてる素材なんて見たこと無いし、
0.01にしてレンダしてくださいなんて注意書きなんかも見たこと無い(笑)
時間を計るのを忘れてましたが、待ってられないぐらい長く感じます。
結局は今更ですがテクスチャフィルタリングに関係するバグということか。
細かいパターンを繰り返し過ぎ、そんな使い方は認めない、という方針なんでしょうか?

じゃあなんでPoser7ってノイジーにならずモアレも出ずにイメージ通りレンダリング出来てるんだよ?
試しにシェーディングレート0.01でレンダリングしたら見た目は大して変わらずレンダ時間だけ増加しました。
Poser7ってバカみたいでかわいいですね(笑)


そして本日のまとめ。

Poser7でテクスチャフィルタリングをNONE(OFF)にしてレンダすると先程のPoserPro2014と同様の結果に。
PoserPro2012でCrispという項目がフィルタリングに加わった時期辺りから実は効いてなかったのかな?
Poser6とPoser7をフィルタリングNONE、PoserPro2014をQualityにして比較。

fhsc_wip04_compare.jpg
旧機能ぐらい完全な状態で引き継いでいただきたい(笑)
レンダ結果を見る限り、やっぱり単純にフィルタリングが全く効いていないということでしょうね。
もういやになってきた。

ちなみに、Poser7のPoser4互換レンダラーでレンダリングしてみると
PoserPro2014のprogressive modeと似た位置に似たパターンのモアレが出ました、どうでもいいですね。

fhsc_wip04_p07p4.jpg


Poser7って特に優秀だとは思わないけど、雑でパワフルな感じはすごく好きです。
SR3以降の安定感は抜群だし、今回のようなレンダ結果を見るとまだまだアンインストールはできないなぁ。
時期的にイーフロが親会社だったからなのかPoser7だけPoserファミリー的に異端な感じはします。
Poser7が出た時「わ、なんか違う。」という感覚とPoser8以降の「あれ、戻ってる?」という感覚は
微妙だけど根本的なものだったのかもしれない。
Wikiによると2007年2月発売だってよ、何年使わせる気だ(笑)

さて、どうするかね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/831-c4edf073
    この記事へのトラックバック


    最近の記事