スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お待たせ。

2016年02月10日 10:02

レスポールの時に比べればとても冷静なんだけど
それは素材的にも技術的にも構成的にも安定してきたからかもしれない。
色々と盛り込みたい気持ちはありますがシンプルに作った方が自分としても後から色々やりやすい。
そういうわけで、決して手抜きではないという言い訳はこれぐらいでいいかな(笑)

ストラトでんがな。

F-ST_62.png http://mdp5.sitemix.jp/DL/DLpage.html(新DLページ)
Gibson軍団についにストラトが仲間入り(笑)
ストラトって年代毎の大まかな特徴で数種類に展開できると思うんですが基本的には一機種のマイナーチェンジなんですよね。
今後作り足すとしても50年代と70年代ぐらいなもんで。
Fenderでバリエーション展開ということならテレキャスターなんだろうけど、
実は一度も一本も所有したことが無い機種なので正直なところテレキャスターに関しては無知の部類です。
Fenderだったらジャズベースを作り直したいけども、味を変えたい気持ちもあるのでFenderが続くとは限らない。
どうしようか。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

何もすることが無いんじゃなくて、ストラトで遊ぼうと思えばいくらでも広がるんですよね、
収拾がつかなくなるのであえてシンプルに、というわけです。

Poser6E、Poser7E、PoserPro2014Eでの動作を確認、Poser7E以上での使用を推奨。
最新のPoserでは動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずギター本体を選択してからPZ2を適用してください。


fst_wip09_01.jpg
Poser用プロップとしてはいい感じになったと思います。
ただ、ストラトという見慣れた題材だけに実際は苦労して作ってても出来は普通なんですよね(笑)
59タイプがスラブボード、62タイプがラウンドラミネートという指板のMATファイルを付けました。
ピックガードを黒にして現在研究中のゴールドパーツのマテリアルにしたらテキサスあたりで売れそうな感じになりますね。

fst_wip09_02.jpg
カスタムカラー的なものは付属してませんが一応お試し。
僕の好きなストラトのイメージってローズ指板にキャンディアップルレッド+白ピックガードなんですよ。
派手だけど派手過ぎないとか、紅白でめでたいとかいろいろありますが、色よりもストラトのデザインなんだろうな。
ストラトってヘッド、指板、ボディ、ピックガードの色の配分とか割合が絶妙なんだと思いますね。

地味目のメタリックにベッコウピックガードだと急激に60年代臭が漂いますね(笑)
20代の僕ならこんなのいらんわぁ、って思っただろうけど今の僕はちょっと欲しいなぁと思ってしまう。
サンバーストがおっさんの心に染み入るようにその歳々で色の趣味も変わっていきます。

金ピカ仕様はなんか毎回やってそうなイメージなので金マテリアルのお試しついでにやりました。
ストラトはどんなことをやっても大体上品っぽく仕上がってしまう感じがしますね。
ピックガード無しでハムバッカーとか付けたらまた印象は変わりますが、
3シングルでピックガードありだと下品になりにくい感じがします、刷り込みでしょうか?(笑)


今回も絵を作ってみました。

pinup20.jpg
まだまだ勘は取り戻せてない感じ(笑)
絵も続けないとダメなんだなぁと日々感じております。
技術向上じゃなくてもいいから現状維持的な課題はこなしていかないとな。

まぁ、のんびりと。


コメント

  1. lilly | URL | SFo5/nok

    お疲れさまです。

    こんばんはです。
    待望のストラト、いただきました〜(^^)

    さっそく遊んでいるのですが、いや〜ほんとにいいですストラト。
    色の組み合わせを変えるだけでも表情が違って見えたりと、遊んでいて思わず時間が経つのを忘れてしまいました。
    まだまだいろいろ遊べそうです。

    本当にありがとうございました(^^)

  2. 枡久田マスク | URL | -

    毎度どうも。

    おはようございますlillyさん。

    今回は個人的な趣味で62年タイプでしたが、lillyさん的にはラージヘッド待ちでしょうかね(笑)
    まぁ62年タイプって改造しやすい仕様だと思うので色々と楽しめると言うかすでに楽しんでらっしゃるようでなによりです。

    ストラトって実際のギターも改造しやすい構造なので80年代辺りには”ストラトに盛る文化”があったように思います。
    H-S-HやS-S-H配列なんかは典型的で、さすがlillyさん前回同様懐かしいところをえぐってきますね(笑)
    今回のストラトを基準にして22フレット仕様のネックだけ色々作るってのも楽しいかもしれない。

    と思ったけどニッチすぎるか(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/827-6e3e4860
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。