スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けっこう難儀。

2015年12月13日 00:12

いつも同様、サンバースト用のマスク画像を作ってPoserにてテストレンダを繰り返し色合いを決めるんだけど、
イマイチ僕の中でファイヤーバードの色のイメージが固まってなかったようで手間取ってしまった。


黄色~オレンジ色~茶色と、どれを強くするかで結構印象が変わるので、
Photoshopで木目テクスチャの色合いも調整しつつPoserでのマテリアル調整。
タイプ違いでいつも通り並べてみただけの画像です。

裏側で変化をつけようとしてます。


どうも現行品は一番上のようにあまり色を乗せずに木目を強調したいのかあっさり目が多いですね。
60年代のオリジナルは一番下のダークバックっぽいのが結構多いイメージ。
塗りつぶすと面白味が無いのでスルーネック構造がわかる程度のシースルーっぽくしました。
基本仕様は真ん中の薄めのダークバックとします。
個人的に裏は茶色っぽい方がファイヤーバードっぽいような気がするので上下のいいとこ取りみたいな感じで。
Gibsonのバックの色決めでいつも悩んでる気がする。

バリエーションとして《Ⅰ》のタイプでブリッジを《T-O-M》、指板を《エボニー》で《ブロックインレイ》
みたいなお遊びも粋な感じですなぁ。


《Ⅶ》ってゴールドパーツが基本なんだけど、単色ベタ塗りだったらクロームパーツでもいいかもしれない。
逆にサンバーストだったらゴールドパーツのほうがいいのかもな。

チェリーレッドや白や黒なんかは新鮮味は無いけど何にでも合うカラーリングですね。
今回はサンバーストの基本色のみで配布するのでその他のカスタムカラー的なものは各自で用意されたし。

ま、配布内容は控えめに。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/817-ce3063ed
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。