人それぞれ。

2005年06月27日 11:11

エドさんより投稿いただきました、ゲストギャラリーにて。

いつになくコメントに力入っちゃいました。
エドさんって人は、ウチに投稿する以外で公に活動しているのを見かけないんですが、
実にもったいないと言うか、僕がシュール作風を期待しすぎると言うか(笑)

ロックを基盤とするギターを使った絵はポーザーに関わらず今までに何枚もいろいろな所で見てますが、
僕が見るポイントはギターとフィギュアの位置関係、そして手の表情。
なかなか自然なロック絵にはお目にかかったことはありません。
また、自分でも納得のいく絵を作れたこともない。

実に難しいジャンルですよ、まったくー。

で、エドさん。
手の表情とギターの関係、これはまさにロックなんですよね。
ギタリストにしかわからないロック要素なので一般へのアピール度は少ないんですが、実に小気味良い。
今回の絵を含めてエドさんが過去ウチに投稿されたギターを絡めた絵は、わずか3枚。
評価するには少なすぎる枚数かもしれないのですが、最初に投稿された1枚を見た瞬間、
『わは、この人ギタリストだ。』と直感しましたよ。
全体のポージングは荒削りな印象もあったのですが、ギターに絡んだ自然な手の表情には感心させられました。
シュール路線と実直なハンドポーズ、これはカオスですよ(笑)

たった1枚でも作者の個性やバックグラウンドまで感じ取れる絵が作れるんですよ。

そう考えるとポーザーって楽しいですよねー。
ガツーンと一発、正統派ロック絵とか見てみたいですねー、どうすかエドさん?

つーか僕が自分で絵作らなきゃいけねぇですね(笑)


コメント

  1. BAT | URL | TsgIw8RU

    見た。

    楽器のことはじぇんじぇんわからんのですが、シュールさが半端でないですね。賽銭箱ナイスです。
    2005年度上半期蝙蝠感動大賞も受賞(^^

  2. 感動マスク | URL | DhbrllUw

    見たな。

    めちゃ巧いとかめちゃ下手てな絵はどこにでもあるんですけど、
    うぅーなんだこれはーなんだなんだーって心に引っかかる絵ってなかなか貴重ですよね(笑)
    あちこちで感動大賞を総ナメしていただきたいです。

    なんだよ感動大賞て(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/80-389d04cb
この記事へのトラックバック


最近の記事