ワキの気になる季節です。

2014年07月10日 00:38

ものすごーく久しぶりにTY2用の帽子とぺたんこ髪のMTの手直しをしてたんですが、
手直し中にもかかわらずやっぱりワキ近辺の変形が気になってしまいます。
腕を下ろすと肩が丸く出っ張るのはポーザーフィギュアの仕様といえばそうなので、
ある程度ならば見ないフリにも慣れますが、脇の不自然な切れ目・割れ目というのはどうにも無視出来ないものであり。

そんなわけで。

ドイツ軍の歴史的なゴールラッシュで気分を良くし、早朝よりテライさんのJCMをひねるという異常行動(笑)
行動は異常ですが作業は堅実なつもりです、久しぶりのやわらか頂点移動なので疲れましたけど。


ごらんの通り、デフォルトではまるーい肩とふかーい脇で毎度のことながら戦意喪失してしまいますが、
やや角ばった肩と浅い脇に加工してようやく人間らしいシルエットになりました、なれましたよ!
実際の肩幅はほとんど変わらないようにしたんだけど、丸が四角になったのでがっしりした感じに見えますね。
元々寺井さんの肩幅ってそんなに狭くもないと思うので妥当なラインということにしておきます。
メッシュの流れがきれいに整ってるとなんとなく気分もいいもんです。


まぁ、この程度のJCMならば発売時に標準装備すべきだったと今の感覚の僕なら思いますが、
当時のコンセプトは余計な手間無く服を作りやすいベースフィギュアにすることが優先だったので
極力JCMなどの多少の服作りのスキルが必要になる要素はベースフィギュアから排除したわけです。
しかし作りやすい服って肩を露出してるものが多かったりするので結局あんまり意味が無かったのかも(笑)

現在では《精度》はどうあれ、FBMやJCMまで手軽に衣装に移植出来るツールも数多くあるし
ポーザー自体にもモーフパテやらの調整機能が標準装備されている恐ろしい時代であり
初心者が扱うことの出来る技術的な限界点の敷居がずいぶん下げられたように思います。
ただ、そういう便利なツールの弊害として根本の技術がどんどんブラックボックス化していくようにも感じます。
遊び方が変わったといいますか時代の流れといえばそれまでですが。
結果としての最終的な絵の品質が上がるのならば、間に経る複雑な過程などすっ飛ばしてよいとも思ってます。


レタッチせずともこれぐらいの肩のラインなら角度限定でもなく全方位的に見ても問題は無いかもしれない。
レタッチの手間は大幅に軽減されるけど、袖のある服は全部JCM追加しないといけないけどな(笑)
ちなみに体型はMDP01FBMを使用してますのでデフォルト体型とは違います。

基本的にJCM用のMT作りは手作業で済まして最終的な調整でモーフパテを初使用、微調整ということならモーフパテ最強。
押したり引いたりはモーフパテって便利だと思います、完成形が頭にあるなら作業は早いですね。
ゴールも見えずにだらだらやってるだけでは形にならない、ってのは何をやるにしても同じか。
まずメッシュをきれいな流れにするのはやっぱり慣れ親しんだ手作業かなぁ。

あくまでも作業の本筋は髪と帽子です、のはずです。


コメント

  1. R道楽 | URL | Ayc/EPBQ

    Re:ワキの気になる季節です。

    すばらしい!(´◕ω◕`)b腋であります♪
     
    コレだけでも、販売すれば売れる気がしますが・・・
    帽子と髪の毛のモーフとビキニと・・オイッ!!( ´Д`)っ))Д゚)・∵.グハッ
     

  2. 枡久田マスク | URL | -

    どーも。

    R道楽さんこんばんは。

    販売をするつもりで作ってはいるのですが、
    どういう形でどこで売るかみたいなことはまだまだ未定です。

    せっかく髪MTを作っているので帽子なんかは色々とバリエーションが欲しい気もしますし、
    効果的なJCMなんかもTY2ユーザーにとっては需要もあるかもしれないですし。

    まーネタを仕込んでいる段階なので生温く見守っててください(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/798-7e21b8ec
この記事へのトラックバック


最近の記事