テクスチャもまぁ。

2014年06月14日 00:20

全体的につぎはぎ感あふれるメイプルです。
毎度のことながらBlenderにてベイクしたものを色味やコントラストを調整して仮テクスチャに。


ボディはセンターと両ウィングという感じで左右均等に3ピース。
ネックは80年代のGibsonらしい3ピースで、ヘッド部分は5ピース。

とまぁ、80年代のGibsonとしてはそれなりなんですが、
ヘッドの天板には突き板を貼らずに単なる黒塗装だったり、
当然ロゴもデカールだったりと通常ならジュニアグレードなローコスト仕様。

《Fender的なもの=コストカット》という考え方がGibsonにあるのか、
意図的にコストカットした時のGibsonって驚くほど安っぽくなるんですよねぇ。
VictoryBassも俗に言うノーリン期のものですから仕方ない、と言うべきか。
今のGibsonなら無理だろうけど、Epiphoneからだったら再生産しそうな感じのベースだなぁ。

買いませんけど(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/795-49ed8c8e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事