スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

N4出来ました。

2013年06月15日 21:08

なんと言いますか新環境でのギター一発目という訳ではないですが、
やっぱり妙なところに妙に力が入っているような感じもします。
実際のところポリゴン数的にも過去作と比べると確実に増量傾向になってるし。
まぁいつも通りのつもりがそうはなっていないように思います。
良い方向に振れていればいいんですけどねー。

そんなわけでWashburnのN4の配布です。

W-N4.png
http://mdp4.web.fc2.com/DL/DLpage.html(DLページ)
今回もまだ配布物の入れ替えは無し。
Gibson軍団に突然N4て居心地悪そうですけどモダンな感じになりましたよ。
でもWashburnだってGibsonに負けず劣らずの長い歴史のあるメーカーなんですよね。
長けりゃ良いってもんでもないですが(笑)

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

特にお遊び要素も無く必要最低限のことだけしかやってません。
アルダーボディ+メイプルネックとパデュークボディ+パデュークネックの2種類で、どちらもエボニー指板。
ただ、オマケ要素として試しに作ったパデューク指板のテクスチャと
ポジションマークのマスク画像に《Mourning Widows》仕様のデザインのものを追加しています。
指板(fingerboard)のマテリアルでテクスチャの《V_Offset》を0.5にすると使用できます。

結構どうでもいいオマケかもしれない(笑)

あとは各部の可動はいつも通りで前回の記事でも触れましたが
トレモロアームとバックパネルの表示・非表示の切り替えがPZ2で可能です。
わざわざポーズライブラリからPZ2適用するまでもなく、
プロパティウィンドウでVisibleのチェックボックスを切り替えれば済みます。
ただ、トレモロアームは2つのパーツを同時に表示・非表示しつつ可動のためのERCダイアルも表示・非表示するという
これまたどうでもいい仕様になっています。

Poser7E、PoserPro2012Eでの動作を確認、Poser7以上での使用を推奨。
Poser6またはPoser8では動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずギター本体を選択してからPZ2を適用してください。


wn4_wip09_01.jpg wn4_wip09_02.jpg
色々と不安がありながらもそれなりの完成度で仕上がったのは嬉しいです。
それと同時に木材のテクスチャももう少しレベルアップさせたいように感じます。
特にN4のような全体に木目が露出するようなギターだったせいもありますが、
作るたびにまだまだ不満が出てくるのは健全なんだろうな。

お疲れさまでした。


コメント

  1. lilly | URL | YG9ONXHE

    お疲れさまです(^^)

    こんばんはです。
    今回もいただきました〜。

    まさかのチョイスで意表をつかれた感じです・・・あ、いえもう少しスタンダードorオールド路線でいかれるのかな、と勝手に思ってましたので(あせ)

    実機は見たことがなくて、ネック横のひれ(?)部分はてっきり補強材かなにかと今まで思ってたのですけど、まさかネックの一部だったとは・・・製作記事でここが一番衝撃的でした(^^;)

    ヌーノさんは正直守備範囲からちょっと外れていたのであまり知らなかったのですけど、機会があったらチェックしてみようかと思います・・・とりあえずはエクストリームでしょか。(モアザンワーズとデカダンスダンスくらいは知ってるのですけど・・・)

    それはさておきさっそく遊んでみたいと思います。

    ありがとうございました(^^)/

  2. 枡久田マスク | URL | -

    こんばんは。

    そして毎度ありがとうございますlillyさん。

    意表をついてしまいましたか(笑)
    まぁヌーノはまだまだ現役で、ギターも現行品とも言えますしラインナップ的に浮いてることは確かですな。
    ただ、衝撃的なネックジョイントを見てもらえればわかるように
    ギタリスト目線でもクラフトマン目線でも非常に興味深いギターなんですよね。
    90年代はネックジョイントのヒールレス加工が盛んに試されていた時期だったように記憶してますが
    そういう意味でも象徴的なギターだと思います。

    ヌーノはギターが上手いのは当然なんですが、意外と捨て曲が多いと言いますか(笑)
    かっこいい曲は神レベル、そうでない曲は一回で充分みたいな差が激しいかもしれません。
    おっしゃるとおり上記2曲の入っている《Pornograffitti》は聴き所満載だと思いますよ。
    エクストリームはヌーノ云々よりもボーカルのゲイリー・シェロンの声質で好みが別れるような気もしますが(笑)

    ま、余裕のある時にでも。

  3. kim99 | URL | -

    Re:N4出来ました。

    Patrice Rushen - Forget Me Nots [Bass Cover]
    http://www.youtube.com/watch?v=iRusbYIyRNI
    こんなかわいい娘がベースを楽しそうに弾いてる動画って、、、Poser的に気になるのですが、、、YAMAHAってかいてあるような、、
    >Yamaha bb2024X...
    というわけで、ここにきてみました。
    StingRay 5を使っている動画もある。使い分けとかわからんもので、、
    5弦のベースか、、、

  4. 枡久田マスク | URL | -

    おひさしぶりです。

    遅レスごめんなさい。

    kimさんの、Poser的に気になる。のがどういう感覚なのかよくわかりませんが
    動画見ましたところ、わーわー美人で巧くてカッコいいねー、という印象。

    ベースよりも美人が好きなのでぐぐってみましたが、2013年1月の時点で20歳!のバルセロナっ子のようで。
    更にジャミロクワイの2013ツアーの南アフリカ公演にも参加していたようで、驚き。
    ベースを始めたのは2010年からだってよ、神様ってのは不公平なもんですよね、ガチ天才でんがな。
    これからどんどん有名になっていくんでしょうな、kimさんいい選球眼ですよ(笑)

    身長的にも腕力的にも女性とベースって不利な要素が多いように個人的には思ってますが
    こういう余裕のある弾き方というのは僕から見れば理想的なカッコよさですね。
    まぁ、弾いてみた的な動画って、僕はあんまり興味はありません的ですが。
    小さなライブハウスとかの最前列で見てみたい的な(不純な意味で)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/784-f8d718eb
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。