SH-1とL-500。

2013年05月22日 21:32

ピックアップを作りましたよ。

wn4_wip03.jpg
フロントはセイモアダンカンのSH-1、リアはビルローレンスのL-500。
ダンカンのピックアップはインチ表記だけど寸法図が豊富にあるので作るのは楽。
一方、L-500は寸法的な資料が少ないので鬼検索と鬼翻訳で何とか形になりました。
超有名なのに資料が少ないってのは当たり前だけど作りづらいですね。
作った後で気が付いたけどダンカンのダイムバッカー(SH-13)ってL-500に近かった。

特にSH-1は今まで通りのように見えますが、若干の作り直しなどしています。
L-500はほぼ新規製作。
フロイドローズもそうでしたが、やはりこういう小物をどこまで作り込めばいいのかが毎度の問題となりますね。
作業環境が改善した分だけ贅沢にポリゴンを消費しても全く問題は出ないので気持ちいい。
浪費だけしないようにしてれば今まで通りの感覚でいいと思ってます。

ナットを作ってブリッジの高さと指板・フレットの高さや厚さを調整すればネックが作れるかな。

ここまでは順調。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/778-14babf9d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事