スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イソロク。

2012年11月29日 23:40

というわけで今回も難なく配布します。
レスポール1956年タイプです。

G-LPST_56.png
http://mdp4.web.fc2.com/DL/DLpage.html(新DLページ)
今回も配布物の入れ替えは無し。
自分で見ても偏ったラインナップだと理解しているのでお許しください。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

特に派手なギミックも無く。
トップはゴールドのみ、バックは3種類のMATを用意しました。
ピックガードの表示/非表示のPZ2も同梱。
ホント地味です。

Poser6E、Poser7E、Poser8Eでの動作を確認、Poser7E以上での使用を推奨。
Poser9またはPro2012では動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずギター本体を選択してからPZ2を適用してください。


lps56_wip04_01.jpg
年代順に並べてみましたが、ゴールドの色合いはどっちでもいいかな。
実際のギターを持って一番年代の違いを感じるのはネックの太さだったりするんですが、そういうところは再現してません。
きっちり資料を集めてある程度再現することは可能だと思いますが、3DCGにはあんまり意味無いですよね。
雰囲気モデリングですねー。
そういうわけでヘッドのロゴもMTで位置を変更しておきました、雰囲気が重要。

lps56_wip04_02.jpg
バックのMATは三種類。
木目のあまり美しくない材(シミなど)の場合に用いられるのがゴールドバック(オールゴールド)でありダークバックです。
金色で塗り潰す、あるいは暗い色で目立たなくするというネガティブな発想ですね(笑)
《金色》というのが初期レスポールの一種のアイデンティティだったんですが、
塗装が剥げて緑青が出たりネック裏がベタついたりと評判が悪く、56年頃から濃いブラウンのダークバックへと変更されます。
ミントコンディションのオールゴールドのレスポールならそれはもう美しいものでありますが、
緑青の出たボロボロのレスポールは見るも無残なものでありますよ。

大して弾かれもせずケースに大事に保管され、後年まで美しさを保つギターと
ボロボロになってもなお弾き続けられるギターってどっちが幸せなんだろう?
と、物思いにふけってしまいます。
ただ確実に言えることは、塗料の質でベタつくネックは最悪だということ(笑)

次回は初期型カスタムを作りますよ。


コメント

  1. lilly | URL | YG9ONXHE

    おつかれさまです。

    ええっとこんばんはです。

    今回もいただきました〜。

    ゴールドトップと白のピックアップの組み合わせがはカスタムとはまた違った上品さがありますね。
    まさに「大人のレスポール」という表現がぴったりな気がします。

    楽器である以上はボロボロになってもなお弾き続けられた方が幸せな気もしますけど、やっぱり状態はいい方が良いですし・・・まあ手入れをこまめにしつつ、でしょうか。
    レコードコレクターの方は同じレコードを観賞用・保存用・トレード用の3つを所有しているという話を聞いたことがありますけど、ギター・・・ましてやギブソンのオールドとなるとちょっと・・・ですね(^^;)

    それはさておきさっそく今回も遊ばせていただきたいと思います。
    ありがとうございました(^^)

  2. 枡久田マスク | URL | -

    おはようございます。

    まいどありがとうございます。

    実は、若い頃は金色のギターなんて下品だなぁとか思ってたんですけどね。
    レスポールでシングルコイルという微妙な感じが逆に渋さの光るギターですねー。
    でも、今を考えると古い時代のギターだから渋く見えてますが、
    50年代当時の人から見れば相当トンガったギターだったんでしょうね(笑)

    ボロボロかピカピカかという問題は一生答えの出ないジレンマだと思いますが、
    ギターは工業製品にもかかわらず一本一本に個性があるというのがまた厄介なところですね。
    同じ材料で同じ年式でも年を経る毎に個性が際立ってきますからギターコレクターは本当に大変だと思います。

    貧乏でよかったよ(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/757-a1380e9e
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。