スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう、惰性って言います。

2012年11月10日 07:21

ポーザーでフィギュア化とマテリアル調整。
前回のシングルカッタウェイのマテリアルを大体そのまま流用。
頑張って手を加えたところで大して変わらないのでこれでいい、という割り切り。

lpspw_wip03_01.jpg
1958年にダブルカッタウェイへとモデルチェンジされて基本色がチェリーレッドになります。
TVイエローもシングルカッタウェイの黄色より濃いものが多いようですが、
神経質に気にするほどの要素でも無いかな。
サンバースト用のぼかしマップも作ったものの、サンバーストのMATは無しで行きます。
ダブルカッタウェイではベッコウピックガードも採用されるのでマテリアルを考え中。
Fenderなどのプライものと違って透明度のある素材なのでマテリアル的にはちょっと厳しい感じかな。
それらしく見えるものは付けようと思ってますが、レンダリング時間と相談しながら個々にカスタマイズしてください。

B面の違いも一応。

lpspw_wip03_02.jpg
前回と同じ方式でMT+ジオメトリチェンジで2機種を選択式です。
結果的にダブルのジュニアを作り直すことになりましたが、
前に作ったダブルのジュニアとマテリアルやテクスチャその他の互換性はありません。
ファイル名も全て変わっているので同じライブラリに共存出来ますが、比べないでください(笑)

まぁ、予定通りと言うか当たり前な出来になりそうなんですが、
それなりの進歩と言うか成長を感じることが出来ました。

意外とほっとしている(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/752-f523c653
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。