スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレベーーー。

2012年08月31日 20:34

前回配布のレスポール70年代カスタムは、深い思い入れから大暴走してしまった感も否めませんが、
まぁあれはひとつのピークとしてそれなりの結果を出せたとも思います。
その反動、と言うわけでもないですが今回は極力シンプルに。

F-PB_62.png
http://mdp.s18.xrea.com/DL/DLpage.html(DLページ)
ページ最下部のサムネイルをクリックしてダウンロードしてください。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

前回の配布の際に、

”ポーザーの配布物というのは、完成された料理ではなく、調理前の食材程度に考えておいた方が良い。
調理方法や調味料の使い方こそが各個人の味だと思います。”


てな事を書いているのですが、切り身のような調理しやすい状態で配布したレスポールに対して
今回のプレベはマグロ一本まるごとどーーん、みたいな。
さすがに、マグロの解体は調理とは言わんな(笑)

Poser6E、Poser7E、Poser8Eでの動作を確認、Poser7E以上での使用を推奨。
Poser9またはPro2012では動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずベース本体を選択してからPZ2を適用してください。
スティングレイベースに付属のピックガードのPZ2やジャズベース(現在配布終了)のボディカラーのMT5などで
個々にカスタムしてください。
ジャズベに同梱してたフェンダーのカスタムカラーのMT5だけでも再配布しておこうかなぁ。

ダブルカッタウェイのLPJrと配布を入れ替えました。
LPJrもシングルカッタウェイを作らんといかんなぁとか思うけど、またレスポールなのもアレなので
考えておきます。

そんなわけで。

fpb_wip04_01.jpg
通常の2本と右端は有りもののマテリアルを適用。
ショアライン・ゴールドのボディにパーロイドのピックガードでプレベ感が無くなった(笑)
派手なのか地味なのかよくわからない。
毎度のことだけど、白のマテリアルはどうも光りすぎて絵にならんなぁ、また改良が必要かな。

62年タイプのプレベにはスラブ貼りとラウンド貼りの2種類の指板が存在してるようですが、
再生産やレプリカものなどは殆どがスラブ貼り仕様のようですね。
今回のものは、ラウンド貼りを意識して作ったので62年中~後期モデルの感じで。

ところで。

僕が最初に買ったベースがフェンダージャパンの中古のプレベだったので、
実のところプレベタイプのベースには思い入れがたっぷりあったりします。
僕はベーシストでは無いのですが、宅録用に手頃なベースが欲しかったので2万ぐらいで買ったんですが、
結構気に入って本格的に大改造したりしてしまいました。
そのうち昔を思い出しながら枡久田モデルにでも改造してみようかな。

fpb_wip04_02.jpg
フェンダーのネックにはジョイント部分の削り方とか色々と言っておきたいこともあるのですが、
長く、熱く、ウザくなりそうなのでまたの機会にでも(笑)

プレベとしていわゆるプレベ用のピックガードを作ったので、
ここから更にもう一度テレベのネックを流用して昔のビリー・シーンモデルとかも作ってみたいなぁ。
何か一本作る度にそこから派生するものを数本作りたくなるのでウィッシュリスト的には増える一方。

困ったもんだ。


コメント

  1. rdouraku | URL | Ayc/EPBQ

    Re: ありがとうございます。

    現物のギターは、クラッシックギターしか持っておりませんが・・・
     
    色々写真とか見て、ポザ絵にしたいと思います。

  2. 枡久田マスク | URL | -

    どういたしまして。

    rdourakuさん、

    一般的には、音楽はよく聴くけど楽器演奏の詳しいことはよくわからない、
    という人は多いと思います。
    インテリアやアクセサリーのような感覚で楽器を使って演奏シーンを作らないってのも一つの手段ですかね(笑)

    実際に3DCGで違和感の無いような楽器関連の絵を作るのは慣れてる人でも面倒な作業なので
    写真などのお手本があるならそれに近づけるのが早道かもしれませんね。

    まぁ、焦らずじっくりと作業してくださいね。

  3. lilly | URL | YG9ONXHE

    お久しぶりです。

    ええっとおひさしぶりです&お疲れさまです。
    今回もいただきました〜、ありがとうございます(^^)

    待望のプレベということでうれしい限りです。
    シンプルイズベストといいますか質実剛健といいますか、やっぱりかっこいいですね〜。

    わたし的にはプレベというとやっぱりモニターに足をかけてフィンガーピッキングでべんべけべんべけべんべけべんべけ、というイメージは強いですね。
    他には黒ボディにミラーピックガードとか・・・カラバリだけでもかなり印象が変わるようなので、さっそく遊んでみたいと思います。

    ありがとうございました(^^)


  4. 枡久田マスク | URL | -

    毎度こんにちは。

    lillyさんにとっては3色サンバーストはマテリアル的にまた厄介なアイテムかもしれませんが、
    もう毎度のことですからね、謝りませんよ(笑)

    さすがlillyさんというか、やっぱりプレベでイメージされるのは骨太っぽい感じですね。
    モニターに足をかけてフィンガーピッキングというと鋼鉄の処女おじさんだな(笑)
    メイプルネックでBADASS2のブリッジにするとそれらしくなるかもね。

    黒ボディにミラーピックガードだとヒゲアフロのアイルランドおじさんになりますねー。
    僕は彼がThin Lizzy後期から晩年に使っていたRoland(だと思う)のベースを作りたいんですけどねぇ。
    資料が少ないのでいつになることやら。

    ま、とにかくプレベをよろしく(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/737-d6466a34
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。