I Don't Know

2012年06月03日 01:27

タイトルに意味はありません。
そんなわけでランディ・ローズモデルを思い入れたっぷりに再構築。

lpcRR_wip01.jpg
基本的な部分は前回配布した70年代レスポールでも再現できますが、
ちょっとしたアレンジと楽しみ方の工夫という感じでお送りしますよ。

まず、ヘッドシェイプは50年代のカスタムのヘッドを元に14度の角度とボリュートで70年代風の仕様にしています。
この際だから僕が理想とするレスポール・カスタムをランディ・ローズモデルにしよう、というわけ。
他の部分はストラップピンをシャーラーのロックタイプにしただけで配布物とほぼ同様。
マテリアルグループの共有できる部分は統一して簡略化等々。

当然、これだけで完成ならわざわざ記事にするまでも無いチラ裏日記ですが、
テーマとして、《配布素材にテクスチャを描く》ということでしばらく続きます。
が、経過画像をただ貼るだけなのでテクスチャを作る際のTIPSなどはありません。
僕自身にとっても実験的な作業なので完成品の配布はしません。

目標はこれ。
http://www2.gibson.com/Products/Electric-Guitars/Les-Paul/Gibson-Custom/Randy-Rhoads-Les-Paul-Custom.aspx
もちろんエイジド仕上げ(経年変化や傷などを人工的に再現したもの)です。
70年代に使用してた塗料(ポリエステル?)の性質でしょうか異様に黄色つうか茶色過ぎて違和感があります、
ランディが所有していた現在の実物はこんな色になっちゃってるようですねぇ。
とにかく、僕の理想の色味では無いので、黄ばんでアイボリーの白とか黄ばんでクリームの白とかそんな感じで行きます。
ステージ上では意外と白く見えたりもするので正解は判りませんが、
生前のランディが使っていた頃のイメージでテクスチャを作りたい。

ギブソンのエイジドやフェンダーのレリックなどは職人さんが一本一本手作業でごねごね汚しているので
想像以上に手間のかかる高価な品。
ということでモデルごとに汚し方マニュアルみたいなものはあるんだろうけど基本的には一品モノ。
つまり、傾向はあるけど正解は無い、ポイントだけ押さえれば自由に作れる3DCG向きのネタかな。
Agedで$10,000弱、VOS(Vintage Original Spec)で$7,000の価格が適正と言えるのかは謎ですが、
よっぽどおサイフに余裕のある人じゃなきゃ買えないよな。
59年のレプリカとかならまだしも、ランディ・ローズとは言え74年タイプだもんなぁ。
最高のコンディションの74年製の相場なら大体$4,000~$5,000。
演奏に問題ないコンディションなら約$3,000~、となると色々と考えさせられる。
ちなみに、ジミー・ペイジの59年レプリカ、本人のサイン入りだと$26,000弱、サイン無しでも$15,000ですよ。
ジミーさんのサインは一筆100万円ということでしょうか(笑)

買えない物は3DCGにて。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/727-9f8ded71
    この記事へのトラックバック


    最近の記事