嫌いではない。

2012年04月29日 06:57

ギタープレイヤーとしてなら3PU仕様のレスポール・カスタムを欲しいとは思いませんが、
ギターコレクターとしてなら是非一本は手に入れたいと思うんだけど、
僕はコレクターでもないので多分買わないから3Dデータで満足できます(笑)

G-LPCT_50s.png
http://mdp.s18.xrea.com/DL/DLpage.html(DLページ)
ページ最下部のサムネイルをクリックしてダウンロードしてください。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

レスポールの派生モデルということで、モデリング的にもスタンダードを元に改造してみたわけですが、
元々が黒いギターなのでポーザー的な着せ替え要素がありません、豪華だけど地味。
スタンダードがカジュアルならカスタムはフォーマルということで、冠婚葬祭などには是非カスタムで(笑)

Poser6E、Poser7E、Poser8Eでの動作を確認、Poser7E以上での使用を推奨。
Poser9またはPro2012では動作確認していませんが、致命的な問題は無いと思います。
DazStudioでの動作確認はしておりません。

ペグは2010年以降の仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
必ずギター本体を選択してからPZ2を適用してください。

Wal-MK1ベースと配布を入れ替えました。
次の入れ替え予定のJazzBassも色々と不満要素が多いので一旦押し出してギミックとか減らして再構築しようかな。
定番と言えるようなメジャーアイテムはアップデートしていきたいとは思ってます、未定ですが。

そんなわけで。

lpc_wip04.jpg
完成してもテストレンダ程度で毎回申し訳無いですが、僕なりには課したテーマをクリアするのが完成なので。
ここんところZIPファイルに圧縮した時点で興味が持続しなくなってます。
まぁ正直に言うと毎回Warabiでレンダした時点でそれなりに満足しちゃってるんですが(笑)
今は、とにかくレスポールブームなのでとにかくモデリングしています。

まだ続きます。


コメント

  1. lilly | URL | YG9ONXHE

    おはようございます。

    お疲れさまです。
    今回もいただきました~。

    わたし的には3ハムのレスポールはあまり馴染みがないので、なんだか新鮮な感じがします。
    黒ボディにゴールドパーツの組み合わせもやっぱりいいですねえ・・・冠婚葬祭に一本というのも納得です(笑)

    さっそくいつものように遊ばせていただきたいと思います。
    ありがとうございます(^^)/

  2. 枡久田マスク | URL | -

    毎度申し訳ないです。

    あーやっぱりShadeでレンダするにはマテリアルは単純な方がなにかと都合が良さそうですねぇ。
    まぁそれでも毎回使っていただけるのは嬉しいかぎりでございますよ。

    実は僕も3PU仕様のカスタムにはあまり馴染みが無いんですが、
    誰もが知ってるにもかかわらず、誰もが馴染みの少ない不思議なギターなので作りました。

    50年代のカスタムじゃないけど3PU仕様だとデフ・レパードの故スティーヴ・クラークかなぁ。
    ケーラーが付いてて変な感じだったけどギターの位置が腰より低くて絵になる人だった。
    今思えば、金髪でレスポール・カスタムというのが枡久田的にはヒーローなのかも(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/720-9421724c
この記事へのトラックバック


最近の記事