ヘッドレス。

2012年02月11日 00:39

正式なパーツ名称はよくわかりませんが、一応ヘッドピースと言うことにしておきましょう。
ダブルボールエンドの弦を引っ掛けて固定するヘッドのパーツ。

xl2_wip04.jpg
構造上、ゼロフレットがナットの役割をしています。
純正や交換パーツとして入手出来るものにはいくつかタイプがあるようですが、
80年代中頃のXL2にはこのタイプが使用されているっぽい。
ヘッドに付いているテイルピース的な役割のパーツなのでヘッドピースでいいんじゃないかな(笑)

通常の弦も使えるようにするにはストリングアダプターなるものが必要になってきますが、
ダブルボールエンドだからこそのスタインバーガーという気もするので、
このモデルには要らないでしょう。

単純なパーツだけどヘッドレス楽器の顔とも言うべき部分なのでそれなりに作りましたが
当然のことながら、本来あるべき通常のヘッドもヘッドに付くペグも無いので弦をぐるぐる巻く手間も無い。
今回は、ノンストレスでサクサク作業できました。

モデリング的にはヘッドレス万歳!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/696-26f3526e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事