スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほぼ終了。

2011年06月29日 17:54

一点ものと言いつつ、やっぱり簡単に出来る範囲の可能性は無視するわけにもいかず。

tb_wip05_01.jpg
左の緑+黒ピックガードがデフォルト状態。
もう2週間以上このタイプばっかり見てるのでさすがに見飽きました。
真ん中はポジションマークをドットにしてボディとピックガードはスティングレイのマテリアルで。
ピックガードのマテリアル名をスティングレイと同じにしておいたので
そのままスティングレイ用のピックガードPZ2が使えます。
右はジャズベ用の《ShellPink》でマッチングヘッド、指板はローズでブロックインレイ。

ジャズベの時ほどバリエーションは増やせませんが、まぁそれなりの幅は出たかな。
これに加えてボディ用の木目テクスチャも1pcと2pcの二枚同梱しておきます。
サンバーストのグラデーション用のマップも入れておこうかと思いましたが、
ピックガードが大きいのでサンバースト系は似合わない感じなのでやめ。

ネックとポジションマークは前回のスティングレイの方式を活かして《V_Offset》0.5で四種類のネック。

tb_wip05_02.jpg
ポジションマークは白黒マスクにして黒いセルロイドとパーロイドの使い分け。
こういうマテリアルにしておけば、ど派手なピンク色のポジションマークとか
マスク画像を作って入れ替えるだけでオリジナルのポジションマークも作れるわけでカスタマイズの幅が広がりそうです。
バインディングの有無はナットの仕込み方のせいで選べないけど、これはこれで満足。
その気になれば小改造でバインディング無しにも出来ますが、オススメはしません。

あとは絵だな。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/684-d05da76b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。