ハム太郎。

2011年05月20日 02:28

ボディとネックは寸法出しが進まない、あとネックポケットの深さだけ決めればガイドが作れるんだけどなぁ。
そんなわけでとりあえず、資料の揃ったパーツ類からモデリング中。
今日はミュージックマンの心臓部であるハムバッカーピックアップを。

sr_wip02.jpg
モデリング的には箱と円筒なので難しいものではありません。
カバーの寸法図がインチ表記だったのでミリに換算してから清書するのが面倒だったぐらい(笑)

このハムバッカーと内蔵されたプリアンプでアクティブ時代を切り開いたわけですが、
時代を経て製法も回路自体も変化しているにもかかわらず、出てくる音はスティングレイってのが素敵です。
リア寄りの微妙な位置に強力なマグネットのハムバッカーってのが生命線なのかもしれませんねー。
プレベでもジャズベでもギブソンのベースでもない、発売当時は新時代の音だったんだろうな。
まぁいまだにスティングレイの音は好みの分かれる音でしょうけど。

やっぱり、パーツをちまちま作るのは楽しい。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/670-07c0cece
    この記事へのトラックバック


    最近の記事