スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうちょいです。

2011年05月05日 13:51

白、黒、チェリー、の現行品っぽいラインナップにナチュラルを加えて4色のMATにしましたが、
ナチュラル仕様はゴールドパーツでピックガードは白一色にした。
一応マホガニーのつもりで木目テクスチャを作ったんだけどマテリアルを黄色っぽくしてコリーナ材風の色合いに。
色々な年代のパーツ仕様を自分の趣味でミックスしたので年式の特定出来ない中途半端なものになっちゃったかな。
ex_wip05_01.jpg


これだけでは、あまりに普通すぎるので前回の予告通りスコーピオンズのマティアス・ヤプスモデルにも出来るように対応。
何を今更?感がそこはかとなく漂う80年代のマティアスモデルですよ(笑)
ストライプのテクスチャは、ストライプの幅にナイフを入れたボディに別マテリアルを設定して
毎度おなじみBlenderでテクスチャベイクしたものをポーザーのblenderノード(ややこしいな)で
マスク画像として使用し、白黒二色を割り振り。
ex_wip05_02.jpg
テクスチャベイク用にナイフで切ったボディを作って、ナイフで切っていないボディに貼るということです。
ポリゴンやマテリアルを増やさず、UVの継目も気にせずにテクスチャが作れると言うわけで。
この応用で多くの材を使ったラミネートボディのテクスチャも作れればもうちょっと可能性が広がるかな。
問題点はマテリアルの境界線でアンチエイリアスがかからなかったので大判でレンダしたものを縮小して使用。
ベイク時のレンダリング時間が数秒から十数秒に増える程度で大した手間ではないので許容範囲。

さてさて。

簡単にマテリアルの処理だけで見栄え良くそれらしくまとめた結果、こうなったわけですが
まぁ特徴的なストライプだけでもそれと判る仕様なのでこんなもんでしょう。
熱狂的なスコーピオンズファンの人、見てたらごめんなさいよ。
スコーピオンズは2012とか2013年で活動を終える予定(ワールドツアーの日程終了後)らしいので
枡久田的な感謝を込めて中途半端にトリビュート(笑)

さぁラストスパート。


コメント

  1. さいき | URL | -

    Re: もうちょいです。

    素晴らしいの一言です
    どのようにすればそんなにさくさくと作れるのか?
    それはさておきマティアスヤプスモデルはネ申です!!
    うれしすぎます

  2. 枡久田マスク | URL | -

    どうも。

    やはり実際のギタークラフトの知識があるというのがアドバンテージではないかなと思います。
    サクサク作業が進むのは、他にやることが無いからです(笑)

    マティアスのプレイは当時から地味な印象でしたけどねー。
    まぁサソリ団というぐらいですからチームプレイとしては抜群ですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/667-a0beda60
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。