スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超快調ですが。

2011年04月28日 00:11

ピックガードを新規で作ってその他はほぼ流用パーツでまとめた。

ex_wip03_01.jpg
あとはトグルスイッチを付けて弦を張ればモデリング終了かな。
作った感じではレスポールジュニアより簡単に出来たかも。
ピックアップやノブの数は増えてるけど基本的にコピペで済むし楽だった。
ただ、修整しなきゃいけないところが多々残っている。

フリー配布の楽器もこれでいよいよ10本目なんですが、
作りたいギターやベースのノルマが全然消化されていない。
自分なりの作るスタイルが確立されたので、今以上に突き抜けてクオリティの高い物を作れる気がしない。
と言うか、《ギターを弾いている人の絵》を作るためには今以上の楽器のクオリティは必要無い。
なのでモチベーションを置く位置があやふや。

使いまわし出来るようにそれなりの品質で汎用パーツも作ってきたわけですが、
出来上がったボディにポンポンとパーツを置いていくのは非常に楽。
確かにそういう効率の良さをある程度追求して自らの意思で今の作風になったわけであり、
ストレスの少ない理想的な状態で創作活動が出来ているはずなんですけどねぇ。

正直、少々物足りなさも感じるわけであります。

木を削って出来合いのパーツを組み込んでいくという、実際のギタークラフトに近い工程にもかかわらず、
3DCGモデリングで決定的に違うのが木を削る感覚が満たされない、ということが物足りなさとして埋まらない部分。
やはり、木を触る、撫で回すというスキンシップ的な対話がギター作りの醍醐味なのかなぁ。

新要素も開拓しなきゃな。


コメント

  1. Jezz | URL | T20eLrmU

    いつもお世話になっております 

    マスクダ・オリジナルがあったら素敵かも、と思います。

  2. 枡久田マスク | URL | -

    いえいえどういたしまして。

    こんにちはJezzさん。
    カッコいいギターをデザインすると弾きにくいギターになり。
    弾きやすいギターをデザインすると超ダサギターになる。
    という無限ループ。

    RattやDokkenのLAメタルが全盛期の頃に青春時代を過ごした僕にとっては
    ストラトにハムバッカーPUが一つ付いていれば十分であり、それがメタルおじさんの理想でもあり。
    そういう意味では枡久田オリジナルってすごく面白味の無いギターなんだろうなと思います。

    オリジナル要素を追求するならペイントとかのテクスチャワークなんでしょうねぇ。
    と、マジレス(笑)

  3. さいき | URL | -

    Re: 超快調ですが。

    GWプレゼントにして欲しいな(勝手なお願い)
    ルドルフシェンカーとマティアスヤプスが揃うなんて
    夢のようです!!

  4. 枡久田マスク | URL | -

    どーもどーも。

    さすがにGW中のリリースは無理っぽいですが、完成はGW明けぐらいでしょうかねー。
    連日、BlackoutとLove At First Stingをヘビーローテーションで聴いてますので
    マティアスモデルにも期待しておいてください(笑)

    やっぱ80年代懐古モデリングが僕の本分だなぁ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/665-6cd498af
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。