通常営業でいくぞ。

2011年03月17日 09:01

しっかり働いて、しっかり楽しむ。
非常事態は今後も続きそうですが、関西に住んで無駄に健康である以上、
趣味日記として常識の範囲で更新を続けていきますよ。

作業内容は非常識ですけどね!

そんなわけでTY2の口元MTの移植も順調に3分の2程度終了。
今回は特に修整の必要のないMTをメインに作業したので動きも少なめ。

aptymt_wip02.jpg
必要十分でわかりやすい表情MTが揃っているTY2ですが、
さすがに約30個のMTを修整するのは骨が折れる作業ですなぁ。
しかし、短時間でそれなりのMTが移植できるTDMT恐るべし。
少しの手間で大量のMTが移植できるとなると、趣味人にとっては大いに助かりますが、
これコピーライト的にはどうなんだろう?とかちょっと心配にもなりますねー。

V4の表情MTは組み合わせの妙で威力を発揮する優れたMTなんですが、
使う分には簡単だけど、作る側からすると面倒極まりない構造なので移植は大変。
V4MTを移植するなら全MTをV4と同じERC構造で移植しないと意味が無いなぁ。

表情MTということでMiki系のMT移植も考えたんですが、
派手な表情は優れているものの、使いやすいMTの数がちょっと少ない感じ。
よく考えるとMiki2はアプグレしてからOBJをメタセコで見ただけで、ポーザーに読み込んだことがなかった。
Miki2にデブFBMが搭載されていることをつい先ほど知りました(笑)

で、トータルで考えるとTY2ということになるんですが、
表情が決まりやすい故に長年使い続けているという理由も大きいかな。
使ってて毎回派手な表情は付けて無いんだけど、顔が派手なので微妙な表情が適度に決まりやすいフィギュアです。
着衣前提のフィギュアは特に表情MTが重要になるんですね。

そんな感じで、フィギュアの使いたい方向性が決まっていれば、カスタマイズの方向性も自然と見えてくる。
TDMTはモデリングしない人にもカスタマイズの敷居を下げるお助けツールとなって欲しいですねぇ。

便利な世の中になってきた。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/658-53a0e0a3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事