スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜露死苦!

2011年02月03日 00:34

ぼちぼちボトムズ関連も中だるみしてきたので気分転換。
今更ですがアントニアさんをDLしてきました。
http://sites.google.com/site/antoniapolygon/
v0.9.126をDLしてちまちまいじっている途中で何気なくレンダロフォーラムのアントニアスレを見てみたら
v1.0.0のベータ版がアップされてました、このタイミングは何かの運命かもしれない。
ざっと比べて見たところ表情MTもしっかりしたものが標準装備されていて完成度がぐぐっと上がった感じ。
こりゃちょっと開脚ブームになるかもしれませんねー(笑)

で、アントニア。
まず驚くべきは顔の濃さと西洋中年婦人たる緩んだ体型、ではなく(笑)
滑らかな関節の曲がり具合なのは皆様ご存知の通り。
「JCMでここまで出来るのかー。」というポーザーユーザーとしての新鮮な驚きと共に
「このJCMにフィットさせる服なんてしんどいなぁ。」という素材製作者としての絶望が同居するフィギュア。

しかし、ヌードフィギュアとしての滑らかさは異次元の完成度だと思います。
次世代ポーザーの核となる新たな楽しみ方があるとするならば、おそらく
《高品質のヌードフィギュア+ダイナミック・クロス》という方向性に集約されて行くのかもしれない、
という未来の明るい光をも感じさせるフィギュアなんじゃないだろうか。

まぁ、ポーザー開発元のフィギュア製作能力やDC関連の改善展望などを考慮すると
未来はそんなに明るくない、と言うかどんよりしてるなぁおい(笑)


で、驚きの顔の濃さですが(笑)
ラテンな彫りの深さがどう見ても日本人好みではないと言うか典型的な男顔であり、
下半身への肉付きとも相まってやはり《中堅レスラー感》が漂ってきますね。
ゼロポーズ状態を見て《キン肉マン消しゴム》を思い出しノスタルジックな気分になるのは僕だけでしょうか。
おそらくは、西洋絵画で言うところの《裸婦像》的なふくよかな女体の再現が念頭にあるのだと思われますが、
裸婦像の下絵用に使うならば文句の無い完成度でオススメ、しかし
現代ポーザー的な、ガリガリボインのねーちゃんにセクシー衣装を着せ替えさせてハイポーズという用途にはまだまだ厳しいのかな、
とも思います。


んで、表情モーフで目元に睨みを利かせたら、Vシネマ俳優みたいな顔になったので記念にハイポーズ。

ata_wip01_01.jpg
全世界総ポーザーユーザー憧れのヤンキー座りがこのクオリティ(笑)
これ以上足首を深く曲げると微妙な変形具合だったのでポーズの重心が若干おかしいですが、
コンビニの駐車場とかで車止めのコンクリートを尻に座ってる人はこんなバランスですね。
テクスチャはBluEchoさんのBE4Danikaの解像度を小さくリサイズとシンプルにマテリアル変更して使用。

中年ゆるゆる体型だし、顔だけ見ると性別すら判断不能なので
MDPクリニックにて執刀開始、同条件でレンダリング。

ata_wip01_02.jpg
まー10歳ぐらいは若返ったんじゃないだろうか(笑)
体型はポーザーにてマグネットで大量脂肪吸引。
顔はメタセコのマグネットでぐいぐい整形後、ポーザーのマグネットで細部修整。
顔変形の芯として以前作りかけたF301の顔データを使用してます。
ついでに眼球もV4(lo)から移植、アントニアは眼球関連のMTがまだ無いので暫定的に変更。
なんとか南ヨーロッパ方面からアジア近辺まで辿り着いたかなーという感じ。
スキンヘッドで怖い表情のせいもありますが、男顔の遺伝子は抜け切って無いような。

ata_wip01_03.jpg ata_wip01_04.jpg
腹から尻にかけて薄く細くなったのでなんとかポーズ栄えするフィギュアっぽくはなったかな。
アントニアは顔と体型にキャッチーさが無いので随分損してる印象ですが、
まだまだ開発は続くでしょうし今後の展開に期待したいですね。

ata_wip01_05.jpg
大げさな表情じゃなければMDP顔MTでもそんなに破綻しない。
左肩が若干変だけど、トータルでこれだけスムーズに違和感無く曲がるフィギュアは
ポーザー歴10年にもなりますが今までに見たことありません。
ただ、衣装に関してはアントニアのメッシュ構造に近い服作りをしないとコンフォームすら難しいような気がする。
JCMの作り方とか考えるよりも手軽に扱えるDCの研究をした方が早道かも。
全裸ではなく半裸がポーザーのフェティシズムなんだけどなぁ。

不定期で続く予定、だが未定。


コメント

  1. kim99 | URL | -

    Re: 夜露死苦!

    Poserの機能にうれいてる人っているんですね、、
    Poserの服はMorphがなくても、皮膚の表面と連動して動作するようになってほしいです。衝突判定とか Shader でできないものかな、、、アニメーション機能とは別に服と皮膚の衝突判定と重力の影響をリアルタイムに検出して布をシミュレーションしてほしいと思います。これができないと Poserに先はないような気はします。ベクトルデータで表現するような、まったく異なった服の定義方法でも開発しててくれるとうれしいが、、せめて、キャラの皮膚にobjectを貼り付けることができれば、、shader node にobject を貼り付けらればいいんじゃないのか?
    Poserの将来の機能ですが、キネクト対応が現実的でしょうか、、希望としては、運動制御機能です。音声やコマンドで適当にキャラクターが動作する機能がついてほしい。運動制御モジュールをシェーダーノードのようにつなげる機能ができれば、、、、

    顔や手に触れたり、単語によって、動きがかわる こういう機能、ホンダの二足歩行ロボットの制御システムや、SONYのアイボには存在していると思うのですけど、、、通産省はホンダの二足歩行ロボットをベースに税金で開発したロボットの運動制御システムを移植キットとして公開してくれないものだろうか、、、、、ダンスを踊れる運動制御までできれば、、、

  2. 枡久田マスク | URL | -

    こんばんはkim99さん。

    機能に憂うと言うか、レンダスピードだけ毎年上げてくれればもういいやみたいな感じでして(笑)

    objectを貼り付けて衝突判定をシェーダーで、って面白い発想ですね。
    もしそれが可能だとしても、コンフォーム服を捨てるということはポーザーじゃなくてもいいということになりそうな。
    現状のOBJ切り分け関節をフィギュアが採用してる限り次世代ポーザーってありえないんじゃないかな。

    運動制御機能は出来ると楽しそうですが、
    深夜にこっそりインカムでポーザーフィギュアに話しかけるkimさんを想像してみたり、、、。
    早朝にラジオ体操が流れてきてそれを聞いたポーザーフィギュアが体操しだすぐらいの精度だったら面白いかな(笑)

    変なポーズを付けられたらフィギュアが勝手に重心やバランスを補完してくれる、みたいな現実的な機能は欲しいな。
    それを応用してカラオケの採点機能みたいな感じで、「あなたのポーズは65点。」とかポーザーが採点してくれると
    ポーザーユーザーも気付かないうちにスキルアップしていくとか。

    まぁポーザーの開発陣にだけは採点されたくないけども(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/647-9c9b0e17
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。