スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハバツメール。

2010年11月19日 02:36

プラモでもやっておきたい胴体の幅詰め加工なんだけど
バンダイ版はパーツが多くて実際はかなり難儀しそう。
3DCG万歳!な加工なので、こっちでは是非やっておかねば。

sd_wip11_01.jpg
赤が幅詰め後、黒はほぼバンダイ版+腕下げ加工で今まで作ってたやつ。
胸パーツで4mm、腹パーツで3mm詰めたんですが、
ウエストが細くなりすぎたので腹パーツのみ可能な限り太らせた、腰パーツはそのまま。
元々ウエストが細く絞ってあるバンダイ版なので、幅詰めしすぎたっぽいけど
肩幅のイメージを優先するのでこれで良しとする。
まーウエストの一番くびれた部分って色々と武装すると太る場所なので多少細くてもOKでしょうな。
そもそもバンダイアレンジってレッドショルダー系の武装を念頭に入れてる感じですよね。
抜かり無いと言うかさすがな部分です。
さすがなんですが、ランナーのパーツ割りを見てるとターボカスタムまでは視野に入れていない設計なのかな。
旧タカラ版と合わせ技のWAVE版ターボカスタムも今の軟弱な僕には組みにくいキットなので
是非バンダイ版でターボカスタムが欲しいんだけどなぁ。

重ねてみて。

sd_wip11_02.jpg
微妙な違いだけど頭を大きく見せることが出来るので
みっちり詰まった感じが出てとても僕の好みに近付いた。
気になるところは直しながら作っていかないと後からでは大変なので
ちょっと路線変更ですね。
《バンダイってイイ線いってるけどイメージと違うんだよなーモデリング》に変更(笑)
バンダイ版が100%のスコープドッグの理想形だ、なんて思ってる人なんていないでしょうけどねー。
とは言うものの、あと僕が気になってるのは足首ぐらいだからあんまり変更はありません。
旧タカラ版をベースに改造するよりはバンダイ版が僕の理想に近いつうことですね。

sd_wip11_narrow.swf
ガッチリとふとましいものが好まれるタコ業界ですが、メカと言えどもメリハリのあるプロポーションは必要だと思う。
ヒーローロボ然としてないのがスコープドッグの魅力ではあるけれども、
二足歩行のロボットなんだからかっこよくないとダメだと思う(笑)
たった数ミリでも大違い、アニメのロボットのバランスってホントに難しいですね。

今年中にモデリングは済ませたいなぁ。


コメント

  1. kim99 | URL | -

    Re: ハバツメール。

    ハバツメール、、、、幅詰めツールなんてものがあるのか プラスチックモデルの加工感覚を再現した3Dモデリングソフトがあれば、、、、この絵は、ひょっとして立体視か、、、立体視できて、幅詰めできれば、、、バーチャル プラモデラー(VPM)じゃないか、、、

    Poserが nVidea の立体視パッケージに対応してたら、、、、そもそも、OpenGL や Direct3Dが nVidea の 3D Vision に対応してれば、Poserは自動的に立体視に対応するのだろうけど、、それに対応した製品がないのは、今の立体視製品では使用にたえられないからだろうか?

    スコープドック、、、キリコ、、、ボトムズ
    Poser的にプラモデルの組み立てを解釈すると、ばらばらのobjのパーツを買ってきて(パーツを切り離す工程がないな、、)cr2 ファイルに書き換えることなのでしょうけど、やすりがけもできないし、幅詰めもできないし、、、、
    setupルームのかわりに、組み立てルーム、マテリアルルームのかわりに、マスキングルームと、塗装ルームがあれば、、、サーフェイサーを吹いて、、、スプレーがけできれば、、、シェーダーツリーは、、、

    電動アシスト自転車の発展系として、ボトムズのようなものができるのか、

  2. 枡久田マスク | URL | -

    おはようございます。

    プラモの加工感覚ってのはある程度自分のやってる3DCGモデリングで代用出来ているとは思いますが、
    実際の盛る・削るなどはZbrushなどのスカルプト系にはかないませんよね。

    立体視云々に関して言うなら触れない立体物ってあんまり魅力が無いですね。
    その場限りのトリックというか、まさに映画などの映像的なもの以外には役に立たないのでは。
    触覚を騙すことが出来ればそれこそバーチャルなんでしょうけどね。

    基本的にPoserはプラモデルの感覚ではなく完成品トイで遊ぶソフトだと思いますよ。
    無いものを作る遊び、ではなく、与えられたもので工夫する遊びだと。

    電動アシスト自転車の発展系だとパワードスーツ的なものでしょうかね。
    力持ちにはなれそうですけどそれが強いかどうかは疑問ですね(笑)

  3. kim99 | URL | -

    最近ボトムズの新作のCMを見たような気がするがあれは錯覚だったのか、、、、

    話題があっちこっちいってすみません。
    バーチャルな触覚は、、、、携帯のバイブレーション機能、、、マッサージチェアーをDVDプレーヤーにつなぐ日のことを考えると、、、、
    与えられたもので工夫する、、、、Poserで華道や、茶道、ファッションコーディネートを探索しているWebPageがありそうなのですが、、、
    未来の教科書には、電動アシスト自転車はパワードスーツの元祖としてサルから人間への進化の絵みたいに並べられてそうな気はします。とすると、その中間に介護用ベッドや、マッサージ機能つき介護支援器具とかが、、、ガンダムやボトムズに負傷兵を介護支援する近未来機器の描写があったのかみてませんでした。そこをリアルに作りこんでいるロボットアニメって高齢者向け、、、、、、がんばれサンライズって朝焼けで早朝書き込み、、、

  4. 枡久田マスク | URL | -

    それは錯覚ではなく(笑)

    ここ数年、ボトムズ関連は結構活発ですよ。
    キリコに頼らない新作も2本上映されるみたいですし、来年もキリコ登場の新作がありますし。
    まぁ評判はよく知りませんがー。

    バーチャルな触覚というのはダメ人間が多く生産されそうですねー。
    そんなのが開発されたら仕事に行かずに家にこもってもみもみしてしまいそうです。

    Poserというわけではないですが、3DCGで華道つうのはいいかもしれませんね。
    バーチャル家元、みたいな正座も出来ないペラいやつらが出てきそうですが(笑)
    少なくとも茶道よりかは華道の方が3DCGとの相性はいいかも。

    ふと思ったんですが、電動アシストって今後体力的に退化していく人間の差額分だけの進化のような気がします。
    電動アシストを足してやっと人並みに生活できる未来人のためといいますか。
    ちょっと遠出して出先で電池切れたら遭難してしまうとか(笑)

    介護支援する近未来機器ってヤマトの赤い酔っ払いロボットを思い出しました。
    今の時代ロボットは子供の友達ではなく老人の介護者の方が説得力はありますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/627-8953f66f
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。