スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できましたよ。

2010年06月13日 04:49

たまにはいいじゃないですかお気軽な感じでも。
そんなわけで配布。

G-LPJW.png
http://mdp.s18.xrea.com/DL/DLpage.html(メインDLページ)
http://mdp2.at.infoseek.co.jp/DL/DLpage.html(ミラーDLページ)
ページ最下部のサムネイルをクリックしてダウンロードしてください。

**毎回のご注意**
反射マップにPoser6以上のバージョンに付属の以下の物を使用・指定しています。
Texturesフォルダ内をインストール時から原形をとどめないほど大改造している人は読み込み時にご注意ください。

:Runtime:Textures:Poser 6 Textures:LightProbes:interiorLightFromSide.jpg

最小限の可動部分のみでMATが5種類。
ペグは2010年仕様、ポーザーに付属のPythonスクリプトを呼び出してランダムにくるくる回る仕様です。
2009年に配布したギター・ベースには使えませんのでご注意ください。
他は特に注意も無く、いつも通りです。
手を抜いたわけじゃないけれど、これ以上何もすることが無いんですよ(笑)
結果的にはシンプルな割にポリゴンは多くなりました、まるい部分が多いから仕方ないかなー。


で、本来こっちがメインであるはずの絵も作るわけですが。
いつもより時間的にも体力的にも経済的にも余裕があったのでV4TYを使ってひねってみましたよ。

まずは、本家テライさんとの比較など。

v4ty_ty2.jpg
V4TYは頭がデカいのでV4本来の身長だと軽く180cmオーバーというわけで
93%に縮小してテライさんと大体同じぐらいにしています。
身長で揃えたため全体的に若干小振りになっちゃってますがボディラインで比べるとTY2のおねえさん的なバランスです。
パイオツはチャイチーですけどねっ!
こうして並べるとやはり口元がゆるいというかテライさんのくっきりとした顔立ちはコピー出来てませんねぇ。
厳密に言うと鼻の高さぐらいしか似てません(笑)
「あら、鼻なんか妹さんとそっくりねぇ。」的なお姉さんという設定に暫定的に変更、今後似てきたらまた変更。
FBMはFitnessとUtopianを軸にAmazonとYoungとSylphで調整しております。

そして、ベースフィギュアとしては充分なボデーじゃないか!と思っていたV4さんとV4TYもポーズ比較。

v4ty_v4.jpg
あぁ、なんたること。
V1から脈々と体内に流れるゴリラ遺伝子はV4になってもまだまだ健在、と言ったところでしょうか(笑)
V4のボディバランスは悪くないはずなんですが、絵にするとメリハリが足りない感じ。
これを見た限り、体は絞って頭を大きくするというのがキャッチーな絵を作る近道なんでしょうね。
A4やその他FBM無しでは成立しづらい現状が理解出来ます、V4が中堅レスラーに見えてきた。
V4BASEをデフォルトで使うことはまず無いと思いますが、良くなったとは言えV3よりはマシになった程度なんですね。
服を着て楽器を持つとボディラインが隠れる部分が増えるので多少誇張しておいた方が良さげです。

そんなこんなでレンダリング、と思ったら何を間違ったかV4TYを90%に縮小して作業を続けていたのでギターが大きすぎた、
ちょっとギターを縮小して正しい対比にし、ストラップもそれに合わせてマグネットで修整してからレンダリング。
前回のジャズベの時と同じような横長4:3の方向性で行きます。
全てP7でセッティングしたものをP8でレンダリング。
今回もP8らしい機能は全く使ってないのでレンダリングの速さだけP8を利用する感じです。
黒くなって引き締まったUIのせいでパッと見は出来る子のように感じるPoser8ですが、
全体的な安定度はP7/SR3の方がまだまだ優れているように思います、慣れってのもあるんでしょうけどね。
さすがに作業中に突然落ちるようなことは無いですが、作業時のちょっとしたストレスなんかは多々感じます。
算数は得意だけど体育は苦手なP8ちゃんという感じ(笑)

pinup11_test.jpg
Hongyuさんの服上下と、P7シドニー用の髪を左右反転させたもの。
首付近が寂しかったのでKyotaroさん作のM3用チョーカーを使用。
Hongyuさんの服だからびやっと派手にオープンさせたかったんだけどギターとストラップが邪魔で断念。
で、上下ともMTがハンパ無い数なのでポーズを決めてフィットさせた段階で一旦OBJエクスポート。
袖のジッパーとかもポーズつけるとつまみがずれるのでメタセコで修整した後でプロップとして入れ替え。
正方形でレンダして上下を切って横長で使うので見えなくなるジーンズも膝下はカットして涼しい感じに。
同様にギターやストラップもOBJで書き出して加工したりマテリアル等を単純にしたものに差し替えています。
画面に映ってる中でCR2はV4TYだけであとは外部参照のOBJ(プロップ)になってます。
シルエットもマテリアルもオシャレライダースみたいな雰囲気のジャケットなので
Cellularで革っぽいバンプを作って大げさに荒々しい感じの表面にしてみました。

ごねごねしてるうちに完成します。

pinup11.jpg
"The GIBSON logo" is not included in this package.

折角、あんなに熱心に木目テクスチャ研究したのに塗り潰して使ってしまう枡久田のツンデレ具合に乾杯(笑)
ジャケットの袖のベルトが赤いのは、なんとなくパンキッシュだったのでそうしただけで特に意味はありません。
基本的にドカンと彩度を上げるのが僕のピンナップなんですが、さすがに黒衣装はどもならんですね(笑)
とりあえず真っ黒に潰れないようにだけ気を付けました。
髪の流れは元々のMTだけでなびかせるとモミアゲ付近がハゲになったのでマグネットで適度に変形させてハゲ隠し。
レタッチで髪に派手なメリハリをつけるのも毎度のことです。
あと全部のマテリアルを白にして荒めにAOのみをレンダリングしたものに色を乗せて
ところどころのメリハリ強調エフェクトとして使用。
AOは薄いか濃いかの黒なので、その部分に色を付けてから合成した方がピンナップとしては健康的な仕上がり。

pinup11_aoc.jpg
やっぱり決めポーズの選択肢が豊富にあるだけにギターはベースよりもハッタリの効いたポーズを付けやすいですね。
今回のポーズは。
キースのようにジャーンとアップストロークで弾いた後、なのか。
渾身の力を込めてダウンストロークでジャーンと弾く前、なのか。
どっちなのかは絵を見る人次第みたいな(笑)
まー結局、動きのある絵ってそういう方向じゃないかなと思いました。
見る人に切り取られた絵の前後の時間を想像する余地があるものならば躍動感が勝手に出てくるんでしょうね。
実際のライブ写真ってライトの色が派手なだけで演奏中は意外と地味ですし、悲しいぐらいのマヌケ顔とかも結構ありがち。
ギターを弾いてる絵として見せるならそういう部分のリアルさは端折ってクサイぐらいの演出の追加は必要なのかも。
まずはトータルで違和感の無いポーズであることが最優先ですけどもー。

そんなところで、今回の総括。

V4TYはめちゃ軽いんだけどV4用の服がそれなりなのでフル装備だとプラマイゼロ(笑)
服にもよりますが、関節とかのレタッチはほぼしなくていいのでその点はえらい楽ちん。
Hongyuさんの服は腕を下ろした時の肩のシルエットにもうちょっとこだわりがあれば文句なし。
TY2とV4TY、一長一短でございますね。

おつかれさまでした。


コメント

  1. lilly | URL | YG9ONXHE

    おつかれさまです。

    こんばんはです。
    今回もいただきました~。

    昔一緒にやってた子がジュニアを弾いていたので、わたし的にはより女の子向けなイメージが強いですね。
    さっそく遊んでみたいと思います(^^)

    blenderを使っての木目テクスチャもとても興味深かったので、DLしてみたのですけど・・・インターフフェースが独特すぎて何が何やらさっぱりでした(^^;)
    暇をみてぼちぼち触ってみようと思っているのですけどどうなることやら・・・。

    ありがとうございました。

  2. マスクダ | URL | -

    今回はあんまり疲れませんでしたけどね。

    こんばんは、lillyさん毎度どうも。

    ダブルカッタウェイはネックも薄めのものが多いですし
    ハイポジションにもストレスが無いしで、まさに女の子向けですねー。

    Blenderは多機能すぎて手に余る感じがしますね。
    Poserのようなポージングしてレンダ、みたいな単純なものに慣れすぎているってのもありますけど
    僕もBlenderを正しく使えているのか全く自信がありません。
    まー誰でも初日からスイスイ使えるようならもっと普及してるはずですね(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/615-a6d8d6a5
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。