スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプルですねぇ。

2010年06月07日 00:21

UV展開も結構簡単に済みましたので、毎度恒例Warabiにて。

lpj_wip02.jpg
去年作ったダンエレクトロもよく似た感じでシンプルだったんですが、
やはりギブソンの血統なのか楽器として洗練されて見えますねぇ。

ヘッドの形はなんかスリムで撫で肩っぽい感じのものが多いんですが、ちょっと怒らせーの尖らせーのしてみました。
でもジュニアにはあんまりシャープなヘッドは似合わなかったかもしれないなぁ。
ヘッド角度は17度でボリュート無し、ネックの握りも薄くなっていく時期なので簡単にヘッド折れしやすそう。
実際のギブソンは、ヘッド補強のためゼロフレットに向かってヘッドの厚さにテーパーがかかってます。
作る上で色々と面倒になってくるのでそこは再現してません。
ネックの仕込み角は通常のダブルカッタウェイだと3度ぐらいありそうなんですが、
ブリッジをギリギリまで低くセッティングしたかったので2度の仕込み角としました。
そのせいでピックアップカバーもギリギリになってしまったのでこりゃ弾きにくそうですね(笑)
P90のドッグイヤーはカバーで固定されているということを忘れてました。

まぁよしとして。

これだけシンプルだと色々改造したくなりますねぇ。
ボディに大きな空間があるので萌えペイントして痛ギターにしたりとか、、、。
しませんけどね(笑)
ヘッド以外はまるっこいので派手なボディカラーにして女の子向きギターみたいな感じですかね。
目に刺さりそうな蛍光カラーを塗ってもダブルカッタウェイだと似合うんですよね。
ジャズベに付けたカスタムカラーのマテリアルとかを使ってもお手軽でいいですね。

次は木目だ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/612-910f0a2b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。