スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュニオール。

2010年06月04日 23:16

次回のネタはもうサクっとここまで出来てます。
レスポールジュニアのダブルカッタウェイ。

lpj_wip01.jpg
実はちょっと前に作りかけで放置していたものを手直ししています。
その時も、どうやってマホガニーのテクスチャを貼ろうか?で頓挫してたんですね。
木目テクスチャの制限がほぼ無くなったのでこいつも日の目を見ることになります。
つーか思いっきりシンプルなギターなので新規で作ってもそんなに時間は変わらないですね(笑)
コンターとか無いですしー。
パーツも殆ど使いまわしですしー。
ネックとボディも繋ぎやすいしー。
ビスの数も少ないしー。

レスポールジュニアと言えばシングルカッタウェイの方が人気ありそうなんですが、
そのレスポールシェイプ故にどうしてもレスポール(スタンダード等)のローコスト版というイメージが拭えません。
確かにローコスト帯のギターなんですがサウンドキャラクターも大きく異なるし全く別物と理解しています。
ただやっぱりボディシェイプの刷り込みは拭いきれないものがあり、どうしても安レスポールと。
その点、このダブルカッタウェイはレスポールのイメージが薄くなるので
レスポールとはまた別のアイデンティティを感じると言いますか、結構好きなんです。

僕の趣味からするとピックアップをハムバッカーに、ブリッジをバダスに変えてしまいそうですが
レスポールジュニアに関してはP90とバーブリッジの無改造でガツンと使いたい感じですねー。
ペグは交換してしまいそうですけどもねぇ。
ま、有名どころで言うとキース・リチャーズであったりジョニー・サンダースであったり。
ロックンロールはテクじゃなくノリだバカヤロウ、的な(笑)

そんな感じでジャズベの反動もあって思いっきりシンプルなプロップにします。
つまみ類のみ可動、その他MAT以外はギミックなしの方向で。

息抜きモデリング。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/611-0783c871
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。