スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木目テクスチャ大作戦、その3。

2010年05月27日 22:16

まだ本命のアッシュには行かず、今回はマホガニーで行ってみまほ。

mhgnybody01_01.jpg mhgnybody01_02.jpg
ちょっと色が調整不足のようだけども、ここから修整すればウォルナットやローズウッド系とかにも応用出来そうですね。
最終的なイメージとしてはもっと鮮やかで明るいオレンジが強い感じ。
元々、ノイズ成分の多い木目なので今までのギターでも写真を貼るだけでごまかしやすかったんですが、
そうは言っても全方向で木目が破綻していないのはそれだけですごい説得力を生みますね。
今回もセンターで割った2ピースボディで作ってみました。
ギブソンなんかは結構1ピースのマホガニーが多いですね、特に50年代から60年代にかけては
ジュニアグレードのギターでも1ピースマホガニーのボディだったりしてビックリします(笑)
で、テストついでに若干虎杢のようなアクセントもうっすらつけてみたんですが、
メイプルなどでも虎杢を作り出せればもう苦労して木材テクスチャを探さなくてもよくなるかもしれません。

では、塗装した前提で色も乗せてみます。

mhgnybody01_03.jpg mhgnybody01_04.jpg
マホガニーなのでギブソン的にチェリーな感じで。
単純に赤を乗せただけなので木目の色と混ざって調整しにくい感じでした。
まぁそれっぽくなったのでこれはこれで大成功だと思います。
実際の塗装を考えると今回のように木地テクスチャはそのままで上から色を乗せて調整した方が正解っぽいですね。
3DCG的には木目をグレースケールにしてから色を乗せた方が木目も塗装のカラーももっとわかりやすくなるだろうなー。

マホガニーが出来るとなると、レスポールはもちろんのことレスポールジュニアとか
SGとかエクスプローラーとか悩むこと無く再現出来ますよねー。
Zemaitisなんかもテクスチャ作り直してもいいな。
マホガニーはネック・ボディ共に使用頻度の高い材なのでパターンを変えて色々作っておきたい。

Blenderさまさま。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/608-09b51aae
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。