スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違い探し。

2010年05月12日 23:05

とりあえず基本となるテクスチャ類は完了。
微妙に仕様を変えながらずらり並べてみます。

fjb_wip11_01.jpg
前回のWalでの反省を踏まえ今回のロゴはヘッドから若干浮かせた板ポリゴンをトランスマップで切り抜いています。
ヘッドをアップにしてもそこそこ耐えられるんではないかと思いますが、ロゴがアレなもんで(笑)
プロップとしてペアレントしてるので、削除すればロゴなしも可能。
相変わらずのダサロゴですがFenderの部分さえ移植すればほぼ本物に近いロゴになります。
各自でオリジナルロゴなんか作っても楽しそうですね。
ちなみに、黒ロゴになる時期(68年頃)から黄変しにくい塗料に変わっているのでネックも白っぽくしております。

ベッコウ柄のピックガードは悩んだ挙句、ポーザーのマテリアルでそれらしくしてみました。
ColorRampとTurbulence二つを繋いでおります。
それらしくはなるんだけど、もうちょっと工夫が必要だなぁ。
もっとあっさりさせた方がいいかも。

ネックでこれだけバリエーションが出来ると、ボディカラーやピックガードと合わせて
地味めから派手めまで極端に雰囲気の違うベースを組み上げることが出来そうでなにより。

2010年に作ったその他のモデルと大きさ比較。

fjb_wip11_02.jpg
五弦のアレンビックより圧力があると言うか、ボディの大きさが目立ちますね。
Walの意外なコンパクトさにもちょっと驚きました。
ベース単体ではちょっとぐらいの大きさは関係ないけど、フィギュアに持たせて絵を作る段階で苦労しそうです。
テライさんにはちょっと大きすぎるかなぁ。

女の子+ジャズベースというとTal Wilkenfeldなんか最近よく聴いてるんですが、
彼女のベースはSadowskyのひとまわり小さいボディのジャズベなんですよね。
まぁでも参考程度にはなるかな。

テライさんを使っている以上、女の子用のコンパクトなベースってのも必要かなーとか思ったり思わなかったり。
単に弦長だけ考慮してミディアムスケール換算すると94~95%に縮小して使ってもいいかな。
ただ、おっさん臭い楽器を不釣合いな若い女の子が弾くというのも絵的にはおいしい要素なんですよね。


あとはカスタムカラーをどれだけ作るかですね、
ファイヤーバードの時のMATが多少流用できそうなので気分的には楽。

パッケージングがめんどくせぇ。


コメント

  1. XAK | URL | -

    Re: 間違い探し。

    こんにちは。
    どこの楽器店かと思いました(笑)
    思わず、「試奏させてください」…と。

    そうなんですよね。Walは、割とテライさんにピッタリサイズでした。
    ジャズベは、さすがにV4サイズ?
    そりゃ、180cmあれば、何でももてるわな。夢の4弦親指押さえもできるわな(笑)
    こうして見ると、3トーンサンバーストは、やっぱりいいですね。

  2. マスクダ | URL | -

    こんばんは。

    ジャズベース以外お断り、みたいな
    ジャズベ専門店って結構メシ食って行けそうな気がします(笑)

    女の子は現実でも仮想空間でもベースで苦労しますねぇ。
    ジャズベってプレベの変形、ぐらいの認識しかなくて今まで大きさは意識したことありませんでした。
    ちなみに、3トーンサンバーストの良さがわかるのって立派なおっさんになった証拠ですよー(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/600-60b5ee9f
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。