スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭痛いよ。

2005年02月24日 11:06

本格的な3DCGレンダリングなんてのはやったことない。
理由は簡単、待てないからです。
《MyShade》と決別して早4年、どこをいじればよいのやら。

つうことで、マテリアル設定の簡単な銃などを《Shade7LE》でレンダリングしてみた。

レンダリング時間は800×600で約15分。
金属のサビの材質設定はサンプルをちょっと変えただけ。


結論を言おう。
やっぱり楽しくない(笑)

まぁ、板の上に銃を乗っけただけだから面白くないのは当然だけど、
なんといっても英語メニューが苦痛。
3Dレンダリングにおける専門用語とか知ってたらなんとなくワカるんだろうけども、
こちとらポーザーのスキャンラインレンダとフォトショップで3年間過ごした男である、
知らなくて当然。
と言うより、覚えようという心構えすら欠如しているありさま。

トライ・アンド・エラーと言うとカッコ良さげなんだけど、
実際には、押してダメなら引いてみな、よいしょ。つう感じでレンダリング設定と約1時間格闘、頑張ったんだから。

ポーザーのお手軽さを痛感しますよ、まったく。

レンダ画のクリアさは、さすがにシェードといった感じですよね。
ただ、クリアになればなるほど材質設定の甘さが露呈すること甚だしい。
こういうサビ材質は小さい道具にゃ向かないねー。
巨大建造物とかに使うんだろうね、反省。
銃ぐらいなら自分でサビのテクスチャ描いた方がそれらしいだろね、描かないけどな(笑)

今回の総括:2005年のCGというにはちょっと恥ずかしい(笑)

凹むなぁ。



おっと、ポーザー6の秘密#3と#5がメールで来ましたよ、明日書こうかな。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/6-7c50d01b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。