スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小物を追加。

2010年05月05日 22:15

ピックアップカバーとフィンガーレスト、ミュートシステムを追加。

fjb_wip08.jpg
ミュートシステムは最初の2年程度で廃止されたんですが、
見た目が新鮮だったので作りました。
ミュートシステムが廃止された後はブリッジカバー裏面に貼ったスポンジだけでミュートしているようです。

フェルトの付いた金属板で各弦一個ずつミュートしてるわけですが、
調整もしづらそうだし、外せばボディにもビス穴の傷が残るし今の目で見ると微妙なシステムですねー。
当時の主流の奏法が親指でぴろぴろと弦を弾くようなものだったのでミュートはあった方が良かったんでしょうね。
そういう弾き方なのでフィンガーレストも1弦側だったんですね。
2フィンガー奏法などが主流になる70年代には4弦側に移動しますが、今回は再現しません。
金属製のピックアップカバーもロック的には邪魔だなぁと思ってます(笑)
ピックアップを金属で覆うことで磁界密度を上げるとも聞いたことがありますけど。
カバーの有る無しでサウンドに若干の変化はあると思いますが、良い音になるかどうかはまた別問題ですし。
ジャズベのカバー類はアースされていないようなのでシールド効果も無さそうですね。
ブリッジカバーはすぐに劣化する当時のメッキパーツを保護する役割の方が大きいんでしょうね。
ピックアップカバーはその名の通りピックアップの保護がメインでしょうね。
ただ、なんと言っても弦交換が面倒になるので弦を覆うようなカバーは個人的に好きではないです。
まぁいずれにせよ50~60年代という時代背景に沿った仕様ですねぇ。

追加したものはポーザー上で表示・非表示の切り替えで選べるようにします。
残るややこしいパーツはブリッジカバーぐらいですな。

二連のノブも作らなきゃ。


コメント

  1. XAK | URL | -

    Re: 小物を追加。

    こんにちは。
    わはは。ミュート付ジャズベは、生まれてこのかた見た事なかったです。所有していたミュージックマン・セイバーにもついてましたが、一度も使用しませんでした。
    (ベースの太い弦にブリッジあたりでスポンジ当てても、倍音が減って、こもるだけで、ミュートにならないんですよね)
    PUカバーがあると、マーカスのベースにできますね(ヘコませねば)。透明アクリルピックガードかぁ…マテリアルどうやろう。

  2. マスクダ | URL | -

    おはようございます。

    実は、ジャズベに純正のミュートシステムなるものが存在してたことは知ってたんですが、
    どんな形なのか全く知らなかったんですよ(笑)
    今回の資料集めの途中で偶然見つけたんですよね。
    今まで現物を見た事なかったからすごく新鮮に見えたんです。

    マーカスのベースにするには年式の違い(75年以降)やその他のパーツが足りませんが、
    今のうちから色々と妄想しておいてください(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/597-89e730b3
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。