スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぁ!スタビライザーがっ!!

2009年12月01日 07:23

というわけでスタビライザーという言葉をはじめて知ったのはサーキットの狼でした。
ひっくり返ってもゴールしたい枡久田ですおはようございます。

r707_wip04.jpg
このギターのスタビライザーの役割をマニュアルで見ますと
「有害な寄生振動を完全に抑え、指板上のデッド・ポイントを解消します。」とあります。
うーーーーーーーん。
つまりデッドポイントを無くして常に安定した弦振動をピックアップに拾わせるのが狙いなんでしょうね。
このギターシンセの販売されてた時代はギター自体を改良したところで
格段にギターシンセとしての性能が上がるというものでもなかったでしょうね。
スタビライザーの材質にもよるでしょうし、ボディやヘッドへの固定方法もちょっと微妙かなぁと思います。
理論上、スタビライザーを付けることでデッドポイントの出現率は低くなるでしょうけど、
木製のボディとネックで本体が構成されてるわけですから個体差は通常のギターとそんなに変わらないのではないのかとも思います。
実際の効果よりもデザイン優先の後付けのウンチクのような気もしますねー(笑)
それだけシンセ用のピックアップやトラッキング性能に当時としての技術的な限界が来ていたのかもしれません。
スタビライザーが効果的だったならばこの構造が今に引き継がれていてもおかしくないでしょうし
コストに見合わない程度の効果だったか、単純に見た目が不評だったのかもしれませんね。

ギターという物の味を捨て切れずに進化と言うか迷走とでも言うかそういう意味では貴重だと思います。
同じ80年代のスタインバーガーとは対照的ですね。
たしか707のユニットをスタインバーガーに詰め込んだモデルもあったと思うんですが、
そっちの方がギターシンセとしての説得力はありますね(笑)

ちなみにデッドポイントというのは通常の木製のギターには程度の差はあれ、ほぼ存在しています。
異常なぐらい極端に音が減衰してしまうポジションがある場合、
ギター自体の重量バランスを変えたりして調整しますが完全には消せません。
ヘッドに鉛のオモリをクランプしたり更にその位置を色々動かしたりして一般ユーザーでもある程度の調整は可能ですね。
ただ気になる部分が改善されても逆に今まで良く鳴っていたところがデッド気味になったりどうにもならない場合もあるでしょうね。
前述のスタインバーガーはヘッドの無いグラファイトネックなのでデッドポイントが出にくく、
気候(湿度)にも殆どと言っていいほど左右されないので常に正確なピッチが出しやすいという利点があるんですよね。
そういうところはすごくギターシンセ向きなんですけどねー。

まぁ現在ではギターを選ばないほど中の具の性能も上がってますし、
大体ギター込みの高価な一式ではなかなか一般に普及しませんし、普及率が上がると進化も早まるつうことでしょうか。
今のGR-20なんてまるでエフェクターだもんなー。

全然モデリングの話してねーや(笑)
普通はこういう長くなりそうな話を《続きを読む》とかに書くんですよね、すいません。

かなり強引にヘッドまで持って行ってますけど写真などで見ても結構強引なんですよねぇ。
実際これって立って弾きにくいと思います(笑)
そんなことはさておき、これでやっとめどが立ったかなぁという感じ。
ボディを構成する主要パーツが揃ったら面を分割したり適当に間引いたりどんどん加工出来そうです。

その他ハードウェア類もぼちぼちテンプレ作って行かないとなぁ。
今回は一本分の労力で済むから楽といえば楽ですね。
ブリッジを作るのがちょっと大変そうですねぇ、ケーラーっぽいトレモロですけどオリジナルですし、
部品も多そうなのでバランスを取るのが大変そうです。
まずは不安要素の多いメインのボディまわりからじっくりと。

甚だ無駄話ではありましたが、ご清聴を感謝します。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/549-310b9a30
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。