スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次回ネタと宣伝と。

2009年10月25日 00:14

もうみなさんご存知だと思いますが、
発案Irydaさん、構成Hideoutさんによるプチ展覧会が開催されています。

monaka.jpg

枡久田は参加していないのですが、参加者の皆さんの意見交換の場であるモナカチャットを盗聴しておりましたので
義理と言いますか善意の押し売りの意味も込め今更ながら宣伝させていただきます。

さてと。

休養十分で次回作に臨みます。
次もマニアックに進んでおりますよ。

D3021_wip01.jpg
と言うかこれはメジャーな部類だな。
Danelectroの#3021が当時の形式、今は59-DC(59年のダブル・カッタウェイ)と呼んだ方がわかりやすいですね。
ギター自体はチープ極まりないんですが有名ミュージシャンが使ったりで意外と存在は知れ渡ってますね。
まだ作ってませんけどアシカ型のピックガードとリップスティックと呼ばれる口紅ケースを利用したPUが特徴ですね。
特徴といえばこのギター全てが特異なんですがこまかい説明は省略。
最近では仕様を現代風にして復刻されてます、価格は$400~$500程度。
日本での実売価格は3万円強ぐらいでしょうか、オリジナルメーカーの復刻版でこの価格、
素敵ですねー、韓国製ですけど。

元々は通販がメインの低価格の入門者用ギターみたいな感じで販売されてまして、
僕と同世代ぐらいの人ならば雑誌広告などでお馴染み《Tomsonのムスタング》みたいなランクのギター、と言えば納得でしょう。
YMCAのTシャツにアフロヘアで恍惚の表情のあれですね(笑)

通販ギターと言っても価格帯がそれなりというだけで上記のような単なる安価なコピーモデルでは無く、
コストダウンと工夫に溢れた全くのオリジナルなんですよね。
良く言えばアメリカの合理主義とモダンなセンスがうまく合致したような感じ。
前回のファイヤーバードと違って根本から低価格路線で設計されてるところが潔い印象ですね。
設計思想に無駄が無いと言いますか、豪華な贅沢品ではなく手軽な日用品という感じがします。
結果的に個性的な音になって価格は安くてもいまだに生き残ってる魅力的なギターですね。
一応褒めてますが、これ一本あればなんでもこなせる。というタイプのギターでは無いと思います(笑)
まぁ何年かに一度ぐらい、あのペナペナな音を堪能してみたいと思う時がありますけどね。

で、モデリングですが、復刻版ではなくなるべく古いオリジナルに近いパーツ構成にしたいと思ってます。
形状はヘッド角度が浅いのとヘッド裏のボリュート(ヘッドの強度を稼ぐ膨らみ)をちょっと強調してみました。
ボリュートは無いものの方が正解だと思うんですが、付けた方がモデリングしやすいという単純な理由。
シンプルなギターなのであんまり際立った見せ所が無いので見た目のアクセントという意味もありますね。
裏側なので見えませんけどー。

左右対称デザインなのでほぼ一日でここまで出来たわけなんですが、
このギターを作るならやっぱりジミーさん仕様にしたいわけで、
もうちょっと入念に資料集めしようかなーとも思っています。
ペグとブリッジの違いで2種類、ペグは何度か交換してるかもしれないけどよくわからない。
バダスブリッジとグローバーのペグ以外はおそらくDanelectroパーツで構成されてるのでとりあえずパーツ検索だな。
ZEP関係の資料をWebで検索しても大体コピペみたいな感じなので信頼できる新情報を掘り起こすのは大変そうですねぇ。

DADGADでカシミーるぞ。


コメント

  1. lilly | URL | YG9ONXHE

    おはようございます。

    わ、来ましたねーダンエレクトロ(^^)
    ジミーさん仕様とのことで、制作過程も合わせてとても楽しみです。
    DADGAD・・・昔知人のギターをこっそりそのチューニングにして弾いてみて「おおっほんとにかしみーるだっ」と感動したことを思い出しましたけど・・・どうでもいいことですね(^^;)

  2. PSYCHE | URL | -

    Re: 次回ネタと宣伝と。

    マニアックすぎます!!
    ヾ(^▽^*おわはははっ!!

    一瞬ブライアンメイモデルかと思った
    マニアックに行くなら
    個人的に「Ornetts GM10R」をお願いしたいところです
    めちゃカッコイイと思うのよね

  3. マスクダ | URL | -

    こんにちは。

    lillyさん。
    ギターとしての知名度は超メジャーなんですけどねぇ、
    熱心なZEPファンぐらいしか手を出さないギターなんでしょうなー。
    ポーザーで作る人なんていないだろうし(笑)

    PSYCHEさん。
    いやいや、ここにコメントしていただいてる人の認知度がものさしみたいなもんですから
    ネタチョイスとしてはマニアックどころか安全牌だろうな、と思ってますよ。
    ギタリストが見てマニアックではなく、一般人が見てマニアックぐらいにしないと単なる変な人といいますか(笑)
    Ornettsはいいギターですよね。
    でもGM10Rは僕から見て真面目すぎる印象がありますね。
    一応ポーザー用が前提なのであんまり落ち着いた感じのギターは作りたくない感じですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/533-7c5069ef
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。