スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弦を張るぜよ。

2009年10月07日 00:30

張ったぜよ。
ペグに弦を巻くのもめんどくさいんですが、
今回はブリッジを変えられるようにしたいので微調整がめんどくさい。

fbnr_wip10.jpg
一番上と真ん中はほぼ違いが無いように見えますが微妙にサドル位置が違うので別物。
この程度ならMTとしてもいいけどトラブルを極力回避するならジオメトリチェンジかなぁ。
一番下はヴァイブローラ無しで使いたい人用。
細かくパーツ分けしてpz2での変更が無難でしょうかね。
操作ミスの起こらないような方式を考えます。

調子に乗ってパーツを作ったので結構重いデータになってしまった。
P4femとかローレゾヴィッキーで遊んでいた頃のギターは約1万ポリゴン程度。
セレロン500MHzのノートパソコンでモデリングしてましたからねぇ、
画像の一番上のパーツだけですでに1万ポリゴンだったりします、えらい時代になったもんです(笑)

V3世代になってからは2万ポリ程度と自分の中で制限してました。
今はベースフィギュアだけじゃなく服やら背景プロップやらもハイレゾ化してますし
マシンスペックとかあんまり気にしなくなったので、それなりに満足できる仕上がりに出来るようになったかなぁ。
特に制限はしてないのですが今回のギターで3万~4万ポリゴン(ほぼ四角ポリ)となります。
パーツの組み合わせがあるので結構な範囲でポリゴン数が上下するんですよね。
その代わりに無駄なテクスチャを無くしていく方向になってきたかな。
良いオブジェクト、良いマテリアル、最小限のテクスチャってのが気分良く遊べるような気がします。
ギターの場合木目はテクスチャを使いたいからなぁ、そこはまぁ仕方ないですね。

ぼちぼちUV展開。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/528-03b6f844
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。