スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルーソン。

2009年10月04日 00:17

クルーソンタイプの6連ペグです。

fbnr_wip07.jpg
十字型の板を折り曲げてギアボックスが成型されているんですが、
さすがにそれはめんどくさいので簡単にアウトラインだけ再現。
クルーソンのペグってあんまり好きじゃないんだけど仕様ですからね(笑)
ノブだけちょっと分厚かったようなので作り直します。

しかし6in1のクルーソンつうことは単純に考えてもコストダウン対策ですよね。
各弦が独立してるタイプだと固定ビスは7本使うわけですが、これなら4本で固定できますし。
なんと言っても組み込みが簡単(笑)
そしてノブが樹脂製でいかにも安そうな感じなのでこれまた微妙ですね。

露骨なコストダウンというよりもヘッド重量の軽減の意味の方が大きいかもしれませんね、
軽いペグを探すとなるとどうしてもこのタイプに落ち着くような感じです。
先代のリバースで使用されていたいわゆるバンジョー・ペグは、このクルーソンの約2倍の重量がありますから。
重量もコスト条件も満たして一石二鳥的な選択かもしれませんがチープ感は増幅されましたね。
パーツが揃う度にこのギターがかわいそうになってきた。

まぁギターの音質ってのは使う人の好みによって良し悪しを決めるもんですし
使用パーツの良し悪しよりもまずギターを構成する木工部分の影響の方が大きいような気もしますので
一概にこのパーツはダメ、とも言い切れませんけどねー。

ただ、安っぽいパーツは作りやすかったりするのでモデリング的には助かってる。

という微妙な心境。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/525-f23ba940
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。