スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだかもしれない。

2009年07月30日 17:34

ブリッジのミュート部分やブリッジ取り付けネジを作ればモデリングは大体終了。
それっぽく色を塗って悦に入ってみます。

rb4001_wip05.jpg
上が4001で下が4003ということにします。
違いはピックアップの形と位置、ノブ形状ぐらいなのでちょっと物足りない。
4001はリッケンバッカーらしいトースタータイプPUとオールドタイプのまっ黒なノブ、
4003はポールピースのある最近のPUと文字の入った銀プレートのあるノブ。

4001はリアピックアップを真ん中で分離しているホース・シュータイプにしようかな。
てな感じでジオメトリチェンジで色々と出来そうです。
ついでだからクリフモデルにも出来るように作ってしまおう。
ポジションマークはテクスチャで違いを出そうと思ってますよ。
テクスチャも含めた仕様換えなのでジオメトリチェンジ用のダイアルは表示せずにPZ2のみで制御した方がいいかな。
アイデア練ってる時は楽しいんですけどCR2編集はめんどくさいですね。
CR2編集専門の作業員とか雇いたい気分です(笑)

画像の中央はネックの仕込み角度の具合をサイドから。
検索して収集した画像の殆どはフラットなようで床などにべたっと置ける感じでしたが、
この辺は個人的趣味で角度を付けてやりました。
ネックの仕込み角度と言ってますが、3Dモデリング的には指板面を基準にしてますので実際はボディの仕込み角ですね。
ギターの図面を書く場合なんかはボディ部分を基準にして書くことが多いのでネック仕込み角なんでしょうな。
ヘッドで5度、ボディは1度の角度を付けてみました。
1度でこんなに変わるんですねー、おかげさまで弦高もバッチリに納まって違和感解消。
気分がいい。

さてさて。

このベースは完成したら販売ではなく無料配布しようと思ってます。
楽器や銃はマニア向け、と考えてついつい高い値段を付けてしまうので基本的に売れないと言いますか。
現在、商品として残っているのはフライングVタイプのみになりましたが、それを作ったのは2004年。
5年も前の物はさすがにクオリティが低いのですが、いまだにぽつぽつ売れるのでなかなか削除出来ない状態。
今の技術で作り直せばもっと良くなりますが、そこまで楽器にクオリティを求められていないと言いますか。
頑張って作って売れずに引っ込めるより、フリー配布にしておいて恥ずかしくなったら引っ込めようというわけです。
単に見栄えのするプロモ画像作るのがめんどくさいだけだったりもします(笑)
あとは、ポーザー界隈も大きく様変わりしてる昨今ですので
過去の枡久田を知ってる人も少なくなってるでしょうから原点回帰とでも言いますかね。
今はまず売り物を買ってみないとどんな程度の物を作ってる人なのかわからないでしょうし。
枡久田はこんな感じの人ですってのを配布物で知ってもらうというわけですね。
長い目で見た販促ですな、いわば撒き餌です、だからといってベンダー業が活発になるわけでもなく(笑)

自分の欲しい物を作る、がやっぱり基本。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/489-4b324451
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。