スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠れました。

2009年04月18日 23:07

グラブもとりあえずフィギュア化しまして。

TY-glove_wip03_01.jpg TY-glove_wip03_02.jpg
表面積の小さいわりにはポリゴンも関節も多くてCR2も重いですなぁ。
ライブラリからの読み込みに多少ストレスを感じます。
とりあえずは従来のコンフォーム服の仕様ですが、TY2・グラブ共に親指のJPを新しくしてます。
今までJPを決めるときには骨格を意識しすぎていたようで、
自然に曲げるためには多少無茶した方が良いという結論に達しました。
親指の根元のJPに限りますが。

具体的にはセンターポイントの位置を変更したのではなく軸方向と影響ゾーンを変更しただけ。
曲げる方向に多少違和感が出ますが、大きく曲げても破綻が少なくなった。

グラブを装着することでTY2の細い指の間が程よく埋まってしっかりした手に見えるようになります。
握りやすさとゴツさのいいバランスがとれたんじゃないかな。
初めて手袋作った割にはうまくできた、手首近辺の曲げによる変形も許容範囲。

本来のグラブと違うところは、手の甲のパッドは指を握ると指の付け根の骨の出っ張り(ぐーで殴ると痛いところ)
をガードする役割なんですが、ポーザー的にはちょっと無理っぽいのであきらめた部分。
無理ではないのですが、タイトなグラブに仕上がらないのでモデリング時にスルーしました。
実用面を無視したデザイン的なハッタリと言うか嘘ですね。
まぁ言わなければマニアしか気付かないんだろうけど(笑)

ブーツに行きたいところだけど、色々とやりきれてない部分もあるのでちょっと精度上げたり軽量化していこうかな。

しんどいんですけど。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/473-74d0001d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。