スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラブも作る。

2009年04月14日 00:09

ブーツのことが気になりながらもめんどくささでは上であろうグラブなど。

とその前に、グローブとグラブの違いって何だろうと気になったので調べたところ、
よくある外来語の変化のようで『前からグローブって言ってたけどグラブの方がよくね?』みたいな。
今のところどっちも間違いではないのですが、おっさんとしては《グローブ》て言った方が馴染む(笑)
使い方としては《グラブ》の方が良いような気もするのでこの日記では《グラブ》にしておきます。
微妙な言い回しなんかを短時間で調べられるウェブって便利だなと思いますが、よくよく考えれば
インターネットしてない頃は自分の書いた文章を他人に見せる機会なんて仕事以外では殆どゼロだったわけで。
日常的に文章を書いて見せる人が昔より増えてるってことですね、便利なのは当然と言うか必然。
どうでもいいですが(笑)

TY-glove_wip01_01.jpg TY-glove_wip01_02.jpg
なんとかTY2の手首に合わせて基本モデリングが完了したところ。
こういう系統のグラブとしては随分タイトに作ってあります。
銃を握る場合が多くなるので全体的にタイトに、特に指を細くしています。
《指の細さ=女性らしさ》ってのも多少考慮に入れてます。
裁断を考えて線を引いたので今後の作業でそれらしくなってくると思います。
ポリゴン分割前の段階でタイトに作っておけば今後もこれをベースに違うグラブとか作りやすそう。
ここからは布の厚みやら細かい部分を作っていくので細身でもガッチリとした印象のグラブになる予定。

《グラブ》って言うよりこの段階ではまだ《てぶくろ》ですね。
手袋の類は作るの初めてかもしれないけど、今までに何度か手のモデリングはしているので初めてのような気はしない。
関節が多いので今まで避けてたと言うか、やっぱめんどくさいですよね。
服のモデリングとしては、デザイン的に靴を作るのと同じような難しさがあるんだけど指の分だけ手袋は更にシビアになる。
手袋と靴のモデリングを見れば結構その人のスキルがわかってしまうかもしれない。
モデリングのスキルと言うよりも、もっと根本的なバランス感覚みたいなもの。
左右対称でほとんど済んでしまう衣服と、全てをコントロールする必要のある手袋と靴ってことですね。
なんか作るの嫌になってきた(笑)

そしてちょっとまた良からぬアイデアが頭をよぎっている。
ホルスターのPZ2はTY2を選択してる状態だとTY2のOBJであろうがホルスターのものと入れ替えてしまう問題がある。
それを逆に利用してTY2の手首ごとグラブに置き換えてやろうかと閃いた。
PZ2ですからJPの修正も同時に出来るし、直感的に指のポーズをつけやすくなる。

ただ同じパッケージ内に《良く似てるけど違う意味合いのPZ2》があると混乱の元かなーという気もする。
作ってる僕が100%理解してるのは当然として、商品として初めて手に取ったお客さんの理解度は未知数なわけで
特に外国語圏の客層も無視できないポーザーですから悩みどころが多くなります。
その辺は色々やってみるしかないですが。

そんなわけでいつまでも続く。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/471-a18b5493
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。