自家製フェアリィ。

2007年09月05日 00:20

Carraraでテキトーに作った地形を真上からレンダしてみました。
前回のスカイドームと合体。

妖精ドーム。

構造はスカイドームと板ポリ3枚。

かなりデカイ。
Carraraでレンダしたものを地表のテクスチャとし、
ついでに出力したNormalVectorのアルファをディスプレイス用に使ってます。
ただ大まかな地形の起伏はポーザーのSpotで盛り上げてCarraraのアルファマップは表面の起伏としてBlendしております。
Spotには緑色を付けて部分的に森っぽく。

雲もポーザーのSpotで大まかな高低差を出してCloudをトランスマップにつないで抜いてます。

スカイドーム自体がデカいので地表や雲のディスプレイス値をぐーんと上げないとのっぺりしすぎる。
上げすぎてもギザギザの凸凹にしかならんのでまた戻す、もっと真面目に細かい調整が必要。
カメラは随分ワイドで撮らないと遠近感が出ないしそんなカメラで機体も一緒に撮ろうとすると歪みまくる。
合成用の背景として割り切ってもちょっとインパクトに欠ける。
根本的に天空と地表のスケール感が全然違うんだよな(笑)

結果としては敗北感濃厚。

ポーザーで使えるモノで全部を表現するには無理がある。
それなりのスケール感を出すにはそれなりの工夫と経験の積み重ねが必要だな、今まで背景なんか興味無かったし(笑)
やっぱりポーザーってのは日常生活の距離感が得意なんだよなぁ。
こっち方面でやるならそれなりに頑張らなきゃいかんな。

まぁ今回作ったものは全方向破綻無く反射させるためのスタジオセットみたいなもんかな。

収穫ゼロではない、と思いたい。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/341-0118da59
    この記事へのトラックバック


    最近の記事