諸作業。

2007年09月04日 01:01

ひと通り第一段階のモデリング作業は終わったので
テクスチャやマテリアルなどの《それらしく見せる》部分の調整に作業は移行中。
自己満足との戦いなので地味です。

ぴか。
コックピットの反射マテリアルの研究ついでにP6に付いてたRDNAのスカイドームなど使ってみる。
半球に真上から空テクスチャを貼るプロップですが、付属のテクスチャは御世辞にも良いとは言えない。
そもそも惑星フェアリィの空は緑色だからねー。

そこで以前に某フォーラムで多数フリー配布されていた空のHDR画像に緑色の空があったのでそれを加工します。
スカイドームは半球を真上からのマッピングのようなので
CarraraでそのHDRIを使いメタル球を真上から大判レンダリングしたものをスカイドームのJPGテクスチャに。

作業中に、わし何やってるんだろう?とか疑問が頭をよぎりますが知らんぷりの方向で(笑)

HDR画像作る時の逆の工程ですね、ほんと何やってんだろうか。
空のテクスチャと言っても地平線付近まで破綻無く半球に貼るにはこの方法しか思い付かなかった。
絵心があれば自力で空のテクスチャを描けなくも無いだろうが
簡単に空テクスチャを作るならCarraraとかで作った方が早い。

さてさて。

反射しとるね。
スカイドームのテクスチャを反射させるってのはそれなりにリアルと言うか説得力はあるんだけど
如何せん半球なだけにオブジェクトの向きとカメラアングルを選ぶ。
Carraraで地形をレンダリングしてポーザーの地面にディスプレイスメントしてみるかな。
Carraraで全部レンダリングすりゃ済む話なんだけどシーン設定とレンダ設定をマジにやらんとダメなのでめんどくさい。
レンダリング設定ってモデリングやテクスチャ作るのに比べると
作業時間の割に結果待ちのヒマな時間ってのが必要なので僕には向いてない、貧乏性なんだと思う。
ポーザーのようにぽいぽいっとライブラリから読み込んでレンダリングボタン一発というわけにはいかない。
従来の反射マップとかも使えるようにしておかないとな。

選択肢は色々用意しておこう。

パイロットたちのテクスチャも塗りましたが、この距離感でのレンダリングはちょっと危険だな(笑)
シートベルトで結構ポリゴン消費したのでちょっと見た目のバランスが悪くなった。

力尽きたよ。
まぁ人が乗っているように見えれば充分なのでこんなもんか。
テクスチャに目を描いてみたけどイマイチ似てくれなかったので消して影だけにした。
結局アニメキャラって髪型と髪の色で大半を見分けるものなんだなぁと。
なんか悩んで損した気分。

色々と調整したら本体はほぼ完成ですが、絵の方向性が決まらないのでまだまだ地味に続きます。

続くのです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/340-24fd5033
    この記事へのトラックバック


    最近の記事