片眉剃って山篭り中。

2007年03月13日 00:54

不確定要素が多いですが、次回作へ向けての研究中でございますよ。

次回作は、長袖・ミニスカ・ロングブーツのセットとなる予定なんですが、
それに加えて《セカンドスキン+ディスプレイスメント》でニーソなどやってみたいのであります。
しんどいよぅ。
左足が加工中、右足はディスプレイスメント無し。
ストッキングのテクスチャはパターンで塗り潰しただけなのでもうちょっとなんとかしたい。
ミニスカもブーツもすでにカジュアルシリーズで2つ3つ作ってるので新鮮味が無い。
そうなるとなにか目新しいものと抱き合わせるしかないわけで。

目新しいかどうかはさておき(笑)

ストッキングのフィギュアというのはなかなかフィット感を出すのに苦労する。
やっと《Poser4にも対応》の呪縛から解き放たれた現状なので
今後はマテリアルワークも含めた従来の服と違った要素が要求されてくるのではないかと思います。
とは言ってもまだまだダイナミッククロスの時代じゃないし
ディスプレイスメントもまだまだ一般的じゃない、セカンドスキンも軽く見られがちではある。
あれ?従来の服でいいのかなやっぱり(笑)
わずか二行で主張を覆しつつも強引に流れを元へ戻して日記は続く。

というわけで。

ディスプレイスメントマップでむちむち作戦なんですが、やっぱりUVの繋ぎ目の処理が肝。
一部に段差が出来て黒いすじになってしまってますねー。
これはすじと言うよりもUVの繋ぎ目で階調差が生じているためオブジェクトがカパっと割れている状態、うひー。
ただ、昨年末のディスプレイスメント研究と先日までのスキンテクスチャ製作が
今回の作業の方向付けに大いに役に立っている。
今月中は作業の精度をどんどん上げていって、なんとか商品としてのクオリティまで持っていきたい。
滑らかに描いたつもりでも、どアップにすると等高線のような状態で凹凸が出来るので
むちむちマニアを納得させるには至らないだろう。
まぁ全身の絵やヒザから頭までぐらいの絵で粗が見えない程度にはしたい。
一番の問題はP7E+SR1でディスプレイスメントオプションにチェックを入れてテストレンダリングを繰り返すと
レンダリング途中でかなりの確立でフリーズしやがります。
うまく作れてもお蔵入りかもしれん(凹)

てな感じで山にこもり続けます。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/309-efaa8b0f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事