でけた。

2007年02月24日 07:13

おはよーございます。

最終的な細かいcr2編集とかはまだ残ってますが、とりあえずセット揃えた。
あとはパッケージングとReadMe書いてプロモ用画像とか、嗚呼事務的な作業めんどくせ。
2月は28日までしかないことに気付いて大急ぎで作業してたりします。

今回も特に際立った派手さは無いな(笑)
まぁこの地味さが後々ボディブローのように効いてくるはずです(根拠なし)
またまた普通。

ちょとあそんでみるよー。

Casual05とかぶり気味な色にしてみる。
かぶってる。
そんなに違和感の無いペアルックみたいな、、、ペアルックて(笑)

趣味。
黒い人。
こういうタイトで真っ黒な人を街で見かけるとおしり見ながら尾行したくなります(笑)
ちなみに今回のCasual07のブーツにはCasual06に同梱の《TY2-04Boots.pz2》でCasual06のジーンズにほぼ着用可能。
普通の立ちポーズ程度なら問題無く楽しめますが、今後若干修正した専用pz2を配布するかもしれません。

プロモ画像つうと基本的にレタッチしちゃいけないわけですが、
商品ページの画像以外の、気合入れたプロモーションも必要かなぁとか思ってます。
ので一枚ひねってみました、草の根運動の一環です(笑)
レタッチ済。
つかプロモ画像作りは切り貼りの単調な作業だけなのでやってて楽しい方向に逃避してしまいまいました。
服ばっかり連続で作ると日記がテストレンダばっかりになってしまいますからね、ちょと息抜き。
ひたすら黙々と職人仕事も楽しいんですが、最終的には派手な絵でどーんと目立ちたいわけでして(笑)
《良い服》と《良い絵》という創作活動のバランスが取れればいいんだけどな。

それはそうと。

遊んでてふと思ったんですが、
ポーズ同じでも服を色々取り替えて色々なMATを試していると、
本気でレンダリングしなくてもけっこうその行為だけで成立する面白さがある。
例えば、お店とかで女の子が鏡の前で色んな服をとっかえひっかえしてる様たるや
待ってるおっさんにとっては退屈以外のなにものでもない時間なのですが、やってる本人は結構楽しいんだろなぁと(笑)

ポーザー素材も買う前にウェブ上のオンライン状態でのみ機能する試着システムとかが出来たら
もっともっと楽しいんだろうな。
みんな試着で満足して服売れなくなったりする可能性もありますが(笑)

まぁまぁまぁ、ポーザーについてるコンテンツルームってそういう楽しげな機能であって欲しいですよ。


コメント

  1. kim99 | URL | -

    Second Life

    Second Life だととっかえひっかえできそうですよ。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/Second_Life

  2. ポリマスク | URL | DhbrllUw

    ども。

    SLはテラスさんが今もやっているようですけどね。
    聞くところによるとポーザーでモーション作ったりと意外にSL内でのポーザーユーザー率高そうです。
    まぁ僕はどちらかと言うと静止画のCGが好きなので
    あるていど贅沢にポリゴン使えるポーザーなわけでして。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/299-918d17c5
この記事へのトラックバック


最近の記事