スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もちょっとだ。

2007年01月29日 00:07

全セットのカラーリングはこんな感じで。

ペンだこ成長してきた。
シャツのテクスチャはもうちょっとメリハリ付けたり色味も修整する予定。
ボディ部分と袖部分とラインでマテリアルを分けたので、
3枚のテクスチャをうまく組み合わせればもうちょっと色々なバリエーションが出来る。

シャツとジーンズとサンダルという組み合わせだと特にハズレは無いかもしれん(笑)
まぁハズすことがあんまり無いから皆さん普段着でよく着るんだろうけどな。

普段着を極めようと本質を分析すると色も形も全く地味な方向に行ってしまう。
ポーザーの中では地味だけど普段着としてはちょっと派手かな、ぐらいの感覚が丁度いいのかも。
EverydayWearじゃなくてCasualにしたのはCasualがすごく広い意味だから。
ぶっちゃけ男の場合ならスーツ+ネクタイ以外はほぼカジュアルと言える。
女の子の場合は、基本的に服の種類が多いのでそんな簡単には分類できないんだけども(笑)

あとは見せ方の問題。
一番気を使うのが色のバラバラ感。
頭のてっぺんから爪先まで同じ色でコーディネートしてる人は街で見かけても目立つと言うより違和感があるわけで、
めちゃくちゃカッコいいか、めちゃくちゃカッコ悪いかどちらか極端になってしまう。
10年前ぐらいだったか神戸三宮とか歩くと全身ピンク色のおじさん(ほぼおじいさん)に遭遇したりしましたが(笑)
まぁあれは単なる名物おじさんなので、むしろカッコいいとかいう話はさておくとして。
たとえ全身黒でもなるべく同じ黒は使わないようにしています。
特に真っ黒ってのは立体感が無くなってしまいますからね。
バラバラな方向で作ったものを一つにまとめあげるってのが普段着らしさの基本ではないかと。
スーツのような揃いの組み物では無いものがカジュアルという単純な考え方。
とりあえずデニムにしとけば悩み事が減る(笑)

それから、服を着せることによって得られる視覚的トリックなども考えながら随所に盛り込んでます。
体型のごまかせないヌードだとカメラアングルとポージングでごまかすしかないですが、
服を着せることによって微妙に体型のビジュアルをコントロールできる、まぁコントロール失敗もありましたが(笑)
各部分の相対比を考えながら服を作るのがモデリングで一番面白いところです。
プチ服の時はそこが苦労してたとこなんですけどね、プチ服製作はある意味修行・苦行だったなぁ。
ズバリ《かわいい服を作る》んじゃなくて、知恵をしぼって《かわいく見える服を作る》ってのがずっと根底にあります。
あくまでも作業時の主観ですけどね、完成後にしか客観的に見れないのは昔からだ(笑)
色々な目線から独自の楽しみ方を付加していくことで創作活動って続けられるんだと思いますよ。

まだまだ楽しい。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/285-7e45f4a4
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。