おじさんノリノリですよ。

2006年07月19日 10:55

まいどまいど茶色で汚してみた。

まいど。
基本的にはオーバーレイ・モードで加減しながら塗ってるんですが、
さらに同じ色でところどころにアクセントになるよう上から乗算モードのレイヤーを足した。
どうもワンパターンになってきている。
のでホコリっぽさとか日光による退色とかも再現出来たらいいな。
やったこと無いのでいろいろ考え中。

まぁラプター塗った時よりかは経験値も上がってるので現段階では満足。
汚してみるとPKAは前面にディテールが少ないので汚し方がむずかしい。
逆に背面はディテール間の面積が小さいので汚しやすい。
広い面を間延びさせずに汚すってのが今後のテーマだなぁ。

汚すのは、リアルさを求めるってのもありますが、
一番の理由は、目に見える表面の情報量を多くしてポリゴンのカクカクを目立たなくするというのが狙いです。
実際、こういう影の濃いライティングだとカクカクが気になるのは頭部と背景との境界線ぐらいになってきた。
あと新品に見せるテクスチャってのは恐ろしく難しいですが、汚したテクスチャはそれなりに汚れて見える。

テクスチャを塗る、っていうのは基本的に存在感を与えることだと僕は思ってます。
現実に存在するモノのような質感でもいいし、筆でキャンバスに描いたようなモノの質感でもいい。
あくまでも自分の思い描く世界観に沿った存在感。
毎回飽きもせず手描きにこだわるのはそういう技術が欲しいから。
よどみなく単色に見える材質なんか現実には殆どない。
ポーザーレンダは表現力が弱いけど、それを嘆くんじゃなく補ってさらに増幅させるほどの表現力を身に付けたい。

意外と深いんです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maskda.blog5.fc2.com/tb.php/243-5524ef6a
    この記事へのトラックバック


    最近の記事